kingdom_539_03



562話『恐将』内容


壁軍の突撃


壁軍対ブネン軍の戦い。

壁将軍は勢いのままにブネンの居る本陣へまっすぐ向かった。

本陣が見えると多くの防衛部隊がブネンの周りにいたが、壁は力技で突撃する。

しかし、騎馬隊がぶつかり合うと圧倒的に壁軍の兵士がやられていた。

壁自身も、犬戎軍の攻撃を受け、落馬してしまう。

この状況からブネンは自分の周りに精鋭部隊を配置していた事を悟った。

壁は敵の力量を読み違えたのだ。

ブネンの精鋭部隊


壁の騎馬隊を破ったのは、ジリという人物で

ジリが率いる兵団は、1人で10人を打ち破るほどの力を持っていた。

それほどの兵団がブネンの周りで守りについていたのは、理由があった。

ブネンという将は、本陣まで突撃して疲れ切った隊に対して、

精鋭部隊をぶつけて圧倒的な力で、一人残らず処刑する。

弱った敵平をいたぶり楽しむ、

これがブネンが、犬戎族一の”恐将”と呼ばれる所以であった。

メラ族の強襲


壁軍はジリ兵団に大いに叩かれ散っていった。

壁将軍も敵将から狙われそうになった時、右の方よりメラ族が突撃を仕掛けてきていた。

メラ族とジリ兵団の戦いはほぼ互角だったが、

カタリとキタリの直下部隊だけは、ジリ兵団をも圧倒する力を持っていた。

冷酷な男


メラ族にやられている姿をみたブネンは、弓隊を呼び出す。

ブネンはそのままメラ族と犬戎軍が戦いっている場所へ弓矢を撃ち放った。

ブネンは自軍の味方も関係なく攻撃を仕掛けていた。

その行動に壁将軍は驚愕する!


感想


壁将軍もうちょっと策を考えているのかと思ったら

いつも通りの壁将軍でしたねw

元々犬戎族には力で負けているんだから、まず真正面から攻めちゃダメでしょ

そして、ブネンという将は味方の被害も考えないような戦い方をしていました。

普通ならこの将軍の下で戦いたくないと思うはずですが、

犬戎族の忠誠っていうのは、やっぱり力で押さえつけているような感じなのかな



563話予想


後日更新予定