kingdom_563_02


563話『族王カタリ』内容


メラ族の危機


犬戎ブネン軍の弓矢が、救援にやってきたメラ族に攻撃を仕掛けていく

味方ごと撃っている弓矢に、メラ族キタリは騎馬隊に後退を指示する。

だが、犬戎族は乱戦の形を崩すまいとメラ族に向かってきていた。

そして、キタリにも敵の弓矢が当たってしまい、落馬してしまう。

犬戎の世界


舜水樹(しゅんすいじゅ)が遠くの高台より、ブネンの戦場を見ていた。

周りの兵士達は、犬戎軍の攻撃方法に対し、勇猛だと話していた。

しかし、犬戎族は勇猛なのではなく、犬戎の兵達は家族を人質に取られて戦っており、

上の命令に逆らえば、その者の一族は皆殺しにされてしまうのだ。


つまり、恐怖による支配がされているのが、犬戎の世界だと舜水樹は話す。

壁軍の救援


落馬してもそのまま戦い続けていたメラ族キタリ。

次々とやってくる犬戎族の騎馬隊に、死を感じていた。

だが、その時壁将軍がやってきて犬戎族の騎馬隊へ攻撃をしかける。

壁軍が合流し、再び乱戦となったが、結果的にキタリは助けられた。

キタリは助けられた事よりも、このような死地へやってきてやられに来た、壁に対し激怒した。

壁はキタリに対し、何度も助けられていた事を感謝していると伝え

今度は我々がメラ族を助ける番だと話す。

メラ族の王


壁軍がやってきた場所は弓矢が飛び交い、敵の騎馬隊が暴れている危険な場所であったが、

壁軍やキタリに集中している間に、隙を見て本陣へ突撃して行く部隊がいた。

その部隊とは、メラ族の王 カタリであった。

カタリの力は、楊端和やバジオウに匹敵する力であり、

犬戎族ジリが攻撃をしかけてきたが、カタリはジリを討ち取る。

しかし、ジリはやられながらもカタリにつかまり、他の兵士もカタリの動きを止めようと腕や体をつかんだ。

そして、犬戎族ブネンは大剣を手に取り、動けなくなったカタリを味方ごと突き刺す・・・。

感想


メラ族のキタリが落馬して、もうやられそうになった時、壁将軍がキタリの助けに!

キタリは壁の事を、下に見てるような感じで接するけど、

今回死にそうなときに助けられた事もあって、キタリは壁の事を好きになったりして(笑)

そして、そうなったとしても壁は気が付かなそうだな~

今回カタリの力の一部を見れた感じがしたけど、うまい事敵に絡めとられてしまい

最後はブネンに剣を刺されたかも・・・な展開。

たぶん、大丈夫な気はしないでもない。

舜水樹の話で、犬戎族の裏側が少しわかったけど、やっぱり恐怖で支配しているような感じだったね

特にブネンは少しでも嫌な顔をしたら、見せしめで殺されてしまうという事なので

犬戎族も内心恨みがありそうだけどね。

これでブネン達、3将が討たれて犬戎族の人質になっている人が解放でもされたとしたら、

犬戎族の兵士が犬戎王ロゾ裏切って、一気に秦軍の流れになりそうだ。


564話予想


キングダム 564話予想考察『族王カタリの猛攻!メラ族の力とは?』