kingdom_535_01


565話『前線にて』内容


ゴバの戦場


ゴバの戦場では、ゴバが伝令よりブネンが敵将を討ち取った事、

トアクが敵に討ち取られたという報告を受けていた。

犬戎兵はその報告に動揺するも、ゴバは至って冷静な態度を見せており、

むしろ、犬戎族の面汚しだと話していた。

そして、トアクを討ち取ったフィゴ王がこちらの戦場にすぐやって来ない事を

知ると、ゴバは再び前方にいる敵軍に集中した。

前方には、バジオウ軍が猛攻を見せており、ゴバに迫っていたのだった。

山の民の猛攻


ゴバの側近とみられる、『チダ』は犬戎兵へバジオウを止めるよう必死に指示を出していた。

しかし、チダには山の民最速のシュンメンが迫っていて、一瞬の内に首を持って行った。

そして、同時にバジオウ軍やタジフの歩兵団が前線を押し上げていた。

ゴバはその様子を見ると、犬戎兵へ全軍後退の指示を出した。

犬戎兵は、倍以上の兵力で挑み、バジオウ達を討ち取るはずだったこの戦いで、

全軍後退の指示が出る事に疑問を呈していた。

だが、ゴバは全軍撤退を開始し、”バジオウはいつでも討てる”と話した。

犬戎族の後退


城まで全軍後退していくゴバ軍。

シュンメンもゴバを逃がすまいと追いかけていた。

それだけ、ゴバの首が重要であり、討ち取る事が勝利には欠かせなかったのだ。

だが、それを一番理解していた人物は楊端和であり、

楊端和は後退するゴバに対して、横から騎馬隊が入って、ゴバの退路を断つ事に成功する。

これでゴバは、バジオウ・シュンメン・タジフ軍と楊端和軍に挟まれる形となった。

討ち取るための策


ゴバはこの状況であっても冷静であった。

それは、この戦況が趙軍の舜水樹が思い描いた通りに、動いていたからであった。

舜水樹は山の王、楊端和が現れるのを待っていた。

舜水樹は橑陽城から犬戎族の大軍を引き連れると、

今度は楊端和がゴバ軍と舜水樹に挟撃される形となった。

舜水樹は犬戎軍3将を囮にして、楊端和の首を狙っていたのだった。

さらに、橑陽城からやってきた軍は犬戎王ロゾが率いており、

その軍は犬戎王ロゾの本軍だとわかった。

感想


さすが、李牧の副将でもある舜水樹。

舜水樹は単純に知略だけでなく、武力もかなり高そうだから

実力は三大天にかなり近いんじゃないでしょうか。

李牧の弟子といえば、慶舎が居ましたが、彼は李牧とは違う本能型の武将でした。

だから、舜水樹は李牧と同じタイプの武力もあり、知略もある将に見えるので

やっぱり戦い方も似ていますね。

今回の大軍がいきなり現れるような展開は、李牧が王騎将軍を嵌めた戦略を思い出しましたよ。

(戦いの状況は違いますけどね)

さて、楊端和は今回かなりピンチな状況になっていますが、実はこれ戦い方次第では

かなり良い状況になっていると思っています。

犬戎王ロゾが城から、わざわざ出てくれた事で、攻城戦をする必要がなくなったし

犬戎王ロゾも戦場に出て来ているので、かなり討ち取るチャンスは増えたと思う。

楊端和は方向転換して、舜水樹と犬戎王ロゾと戦い、

バジオウ達はそのままの勢いのまま、ゴバ軍を葬れば良さそうですから

楊端和軍がうまく耐えながら、犬戎王ロゾの首を狙いにいけばあるいは・・・。

あと、そういえばシュンメン生存不明な感じですが生きていましたね!

とりあえず良かった。


566話予想


後日更新予定