kingdom_566_01


566話『端和の選択』内容


包囲される


犬戎王の本隊が城より出てくる。

これにより、楊端和軍は犬戎王ロゾに後ろを取られる形となり、

さらには、舜水樹が趙軍も引き連れてきており、

楊端和は、ロゾと趙軍、ゴバ軍に周りを囲まれてしまう状況となった。

犬戎王ロゾと趙軍の攻撃


楊端和は、犬戎王ロゾが目前に見えながらも、今はロゾへ刃が届かぬと判断し、

全軍へ脱出する指示を行った。


そして、犬戎王ロゾ、趙軍は楊端和軍へ全軍総攻撃を開始した。

精鋭揃いの楊端和軍であったが、犬戎軍の猛攻、趙軍の弓矢によって

次々とやられてしまっていた。

楊端和の判断


その時、楊端和が全軍自分についてくるように号令を出す。

そして、ロゾ軍に背を討たれる事を承知の上で、ゴバ軍へ正面から突撃していった。

周囲の予想では、軍の切れ目より脱出を図ろうとすると思われていたが、

楊端和はまったく予想出来ない行動をしていた。

楊端和は、今日の戦果として最低限であった『ゴバの首』を取るために動いていたのである。

だが、首を狙われているゴバは冷静であった。

なぜならゴバの本隊は無傷であり、十分楊端和軍を抑えられると自信を持っていたからである。

しかし、楊端和の突破力はすべての予想を超えていたのだ。

ゴバの首


楊端和はあっという間にゴバの目前へ来ると、ゴバと打ち合う。

ゴバはバジオウと互角の力を持っていたが、楊端和はさらにその力を上回った。

楊端和はゴバの両腕を切断し、首を討ち取ってしまったのだ。

ゴバを討ち取るとすぐさま、この戦場より脱出すると号令をかける。

九日目の戦い、最大の目標だったゴバを討ち取るという事には成功した

楊端和軍だったが、ここから夜にかけて壮絶な追撃を受ける事になる・・・。

感想


楊端和がゴバ軍に突撃するのはかなり危険ではあったけど

それが実行できたという事はかなりのスピードでゴバの元へ到達出来たという事だね。

ゴバもバジオウと互角の勝負をしていて、勝負が着かなかったくらいだけど

楊端和と戦うとあっという間に、討ち取る。

両腕で斬って首を落とすなんて、かなり力の差があったのかな。

舜水樹も楊端和を討ち取るつもりであれば、 囲まれているゴバをもう少し固めるべきだったよね。

でも、それが犬戎軍と趙軍で連携出来る限界・・・という事なのか。

とりあえず、今回の戦いで追撃戦・撤退戦となりそうなので

ひとまずそれで9日目の戦いは終了かな。

壁の方の戦場も撤退しているところなので、大きな動きもなさそうだ。

夜の追撃というと、飛信隊の撤退を思い出すし、その時は尾倒が亡くなったから

今回の撤退では何もない事を祈りたいところだ。


567話予想


キングダム 567話予想考察『舜水樹の誤算と楊端和の撤退で見せる軍略とは?』