kingdom_568_01


572話『カタリの仇』内容


攻城戦


橑陽城 城壁の上では、場内に残っていた犬戎族と猿手族の戦いが始まっていた。

猿手族の兵士達は、崖を登ってきており疲労した状態で戦っていたため

なかなか犬戎族を制圧する事が出来ないでいた。

エンポじぃは皆を鼓舞し、青猿(せいえん)と赤猿(せきえん)という精鋭を呼び出す。

そして、青猿と赤猿の活躍ににより猿手族は再び勢い取り戻した。

エンポじぃは遠くの地を見つめながら、マンタンワへこの城を日の出まで落とす事を誓った。

マンタンワの無事を祈りながら・・・。

犬戎王ロゾの力


フィゴ王ダント対犬戎王ロゾの戦いでは、ロゾの力にダントは押されてしまっていた。

周りにいたフィゴ族が助けに入るが、ロゾの一振りによって兵士達は真っ二つにされてしまう。

そして、その勢いのまま次々とフィゴ族を切り刻んでいった。

その様子に後方から攻めていた壁将軍とその兵士は人間じゃないと一瞬怯んでしまう。

だが、壁将軍が兵士を鼓舞し、再び壁軍は戦闘態勢へ入る。

カタリの仇


ブネンは楊端和を討ち取るために、山の民へ突撃をしかけていたが

メラ族によってその突撃を阻止されていた。

楊端和はその戦いの様子を静観していたが、メラ族のカタリが居ない事を不思議がる。

そして、メラ族のキタリはついにブネンの目の前に到着する。

ブネンは犬戎兵をキタリに仕向けるが、カタリの時とは違い

今度は周りのメラ族の兵士がキタリを助け、キタリとブネンは一騎討ちの形となった。

楊端和の策


楊端和は、メラ族の士気の高さを見てメラ族はカタリを失ったと悟った。

そして、キタリとブネンの一騎討ちが始まる。

ブネンは大きな鎌のような武器を使いキタリを襲うが、キタリは全ての攻撃を防ぎ、

ブネンの右指と左手を一瞬のうちに斬った。


ブネンはキタリから逃げようとするが、激情に駆られたキタリによって

ブネンは滅多切りにされる。

感想


猿手族の青猿と赤猿という新キャラが登場しましたが、なんと武器はなく素手で戦っていますw

山の民にも空手を使える兵士がいるんでしょうか?

素手であれだけ戦えるんだから、武器の扱いを教えればもっと強そうな気がするんだけど

素手の打撃で剣を持っている犬戎族ややられている姿は非常にシュールな光景で笑えました。

そして、犬戎王ロゾとフィゴ王ダントの戦いはやっぱりロゾ優勢か~

まだ一撃でやられなかっただけ良いけど、あと数話くらいでダントが討ち取られてしまうような気もしない

ダントがここから覚醒って事もなさそうだしね。

となると、やはり鍵となる人物は壁将軍。

まともにやり合うのはキツイんだから、壁将軍後ろから弓矢でも放ちましょうよ!

兵糧燃やされた責任もあるし、たぶんロゾが活躍するんだろう

あと、メラ族のキタリはやってくれました!

ブネンをあっさりと倒してくれたけど、カタリも相当な強者で描かれていたから

あそこで倒しちゃっても良かったんだぞ!!

ブネンは鬼畜な嫌なキャラでもあったから、もっと酷いやられ方でもよかったかな。


573話予想


後日更新予定