kingdom_575_01


575話『届かない指示』内容


目が覚めた壁


目を覚まし、楊端和の元へやってきた壁将軍

壁将軍は犬戎王ロゾを討ち取ったところを覚えておらず、メラ族のキタリに笑われていた。

楊端和は兵糧を焼かれた時に、首を落とさなくて良かったと話し、 壁は少し驚いていた。

そして、そこへシュンメンがやってくる。

勝利の実感


シュンメンはバジオウが先ほど息を引きとった事を話す・・・。

驚きに包まれる楊端和とキタリだったが、

それはシュンメンの冗談であり、バジオウは無事だった。

悪い冗談を言ったシュンメンは、楊端和にボコボコにされる。

壁も山の民の通訳によりバジオウの無事を確認すると

10日間の激闘を終えて、勝ってよかったと話し、涙を流していた。

終わらない戦い


だが、楊端和とキタリはまだこれで終わりではないと話す。

それは撤退していった趙軍の存在である。

本来、秦軍は趙軍が鄴へ向かわぬようにするため戦っていた

そのため、橑陽の地を離れた趙軍が鄴へ向かうのであれば、

敵の背を討たねばならないが、趙軍は列尾方面へ向かっていた。

つまり、趙軍が鄴は落ちないと確信しているという事であり

秦軍を逃がさないよう、門を閉ざしたという事だった。

将軍不在


その頃、朱海平原の戦場では・・・

秦右翼と趙左翼の戦いが始まっていた。

秦右軍は前日に亜光将軍が意識不明の状態になっており

王翦将軍からの指示を待っている状態だった。

しかし、王翦将軍からの指示はいくら待ってもこず

朱海平原の勝敗を決めるであろう右翼の戦いは

将軍不在のまま、10日目の戦いが始まってしまっていた。



感想


やっぱり壁将軍は犬戎王ロゾを討った事を覚えていなかったかw

そこがやっぱり壁将軍らしいねw

そして、舜水樹は列尾方面へ行ったか~

秦軍が鄴を獲得したとして、列尾が落とせない状況だったら

どうやって秦国まで戻るんだろうね。

後々、明かされるんだろうけど、非常に不明なところ。

原先生が先の展開でモヤがかかっているとTwitterで話していたけど

もしかして、この内容に関する事だったりするのかなー

あと、朱海平原の戦いでは亜光不在のまま

10日目の戦いが始まってしまいました。

敵も亜光不在を知っているからか、戦いに出てきていますね。

王翦が指示を出さない理由はなぜだろう。

もしかして、もうこの戦場には居なかったりするのかな。


576話予想


キングダム 576話予想考察『橑陽の戦い終了!各戦場の状況と指示をしない王翦の思惑とは?』