0001


先日、駅前で営業されている大型家電量販店のYへ行ったのですが、
そこで詐欺まがいとも思える行為を目撃したので皆さんにお伝えしたいと思います。

大型家電量販店Yにて

ここに来た理由


先日休暇中に新しいPC用のソフトウェアが欲しいと思い、

駅前にある大型家電量販店に向かった。

私の住んでいる地域には、他にも郊外店舗の多いY電機や

ショッピングモールなどに多いKデンキがあるのだが、

田舎のため、PC用のソフトウェアは駅前にある家電量販店Yしか数を揃えていないのだ。

たぶん私以外にも多くのPCマニアはここで買うか、

ネットショッピングで購入しているのだろう。


退店しようとすると


そして、目的のPC用ソフトウェアを購入して

それ以外のテレビなどの家電を見て満足した私は家電量販店Yから退店しようとした。

すると出入口近くの●モバイルのスタッフの方が、

ビンゴ大会を開催するのでぜひ参加してくださいと、ビンゴ用の紙を配っていた。

私はこれは『時間の無駄』だと知っていたので

また営業のためにやっているな。と思っていたのですが、

家電量販店Yへ買い物へ来ていた同伴者がビンゴをやりたいと言い出した。

「いや、やらなくても良いでしょ」と言ったのだが、

結局エスカレーターを降りて、ビンゴ会場に来て参加する事になった。

ビンゴ大会へ参加


渋々ビンゴ大会へ参加する事になったのだが、

結構人が多くて、参加している人は老若男女居るようだった。

程なくしてさらに人が集まり始め、多くの人が参加しているのを見て、

私も少しくらいならいいかなと思うようになっていった。

だけど、これがこの後こんな事になるなんて・・・・。


●モバイルのビンゴ大会

司会の方が到着


人が多く集まり、ビンゴ大会の時間になったため

司会の方が表に出てきて、みんなへビンゴ大会のやり方の説明をし始める。

ビンゴといえば、ビンゴの紙の一番真ん中の部分を開けておくのが基本である。

しかし、この時は違っていた。

司会の方が、今回は今年最後のビンゴ大会で

今日来てくれた皆さんには特別にビンゴの紙の端は全て開けても良いという話があった。

周りを開けるという事は、すでにビンゴは揃っている事になるのだが、

今回は全て開けた方にもここからビンゴになった人には景品。

そして、全て開けた人には特別な景品をプレゼントするという事だった。

私は、これなら絶対に景品がもらえるし

かなりサービス良いじゃん!!と気分が高揚していった。

ビンゴ大会が始まる


そして、ついにビンゴ大会が始まる。

司会の方がタブレット端末を使って、番号のルーレットを行う。

すると数回行うと当然ビンゴは揃い、

いろんな方向から「ビンゴ!」という声が飛び交う。

そして、自分もビンゴになり景品をゲット。

中身はクリアファイルだったと思う。

そして、全てを開けた人が出てきて、特別な景品を受け取った時

司会の方が、そういえば!私すっかり忘れていました!

とかなり演技くさい事を言い出し、

今回は特別なビンゴ大会なので別に景品を用意しているという事だった。

その景品というのが、タブレットと

ダイソン掃除機かPS4かニンテンドースイッチかというセット
だった。

この景品は以前¥19800で販売していたという事ですぐに売れきれたそうだ。

確かにこのセットだったら安いなと思うのだが、

ここから司会の方は、今日は特別なのでさらに値段を下げて販売するという事だった。

そして裏に居た、家電量販店Yの店長?のような方が出てきて、

司会の方が交渉役となり、希望の値段を会場に居るみんなへ聞いていた。

1円や千円などかなり安い値段が出ていたが、

店長はいや~それはかなりキツイですと苦笑いのような顔をしていた。

さらに、司会の方が交渉を進めて、2年後オリンピックが行われるし

という事で2,020円という金額が出る。

店長はそれは無理!のような感じで答えていたが、

ついには司会の方の説得に折れ、

タブレット端末+「ダイソン掃除機かPS4かニンテンドースイッチ」のセットを

2,020円でやります!という事になった。

会場では「おー!!」という声が聞こえ、私もこれはすごい事だと思っていた。

そして、それを購入するためには引換券としてバッチをもらうという事だったが、

司会の方がバッチを裏にあるストックからいっぱい持ってきて、

会場に居るみんなへ配る事になった。


司会の方が持っているバッチを受け取ると、

1列に並んでゆっくりと書類を書くようなテーブルのところへ連れていかれる。

大きな罠


行列が出来ており、並んでいる列には高校生の人達も並んでいた。

だが、学生は一旦列から外し待たせているようだった。

そして、私の番になるとラミネート加工がされた紙を見せられて

A タブレット+ダイソン掃除機
B タブレット+PS4
C タブレット+ニンテンドースイッチ


どれが良いですかと聞かれ、私は「C」セットを希望した。

だが、その紙の中にはその該当の品の他に

「ポケットWiFi 月額5千円くらい」
「タブレット用契約 月額2千円くらい」


というのが書いてあった。

ん????????

これなんですか?と聞くと、

先ほどのセットは月額契約を別に結ばないと購入する事が出来ないというのだった。

それを知った時、

2,020円でも高いわボケェ!!!!!」と思った。

あーあ、時間無駄にしたと思ったが良い勉強になりました。

恐らく契約したら3年契約縛りで、解約したら違約金発生のパターンでしょうね。

これ学生を外して待たせていたのも、

もしかして契約関係を円滑に進めるためだったのかと思った。

まるで特別価格で購入できるような、こんな営業手法やっちゃって良いんですかね?

確かにこんな上手い話はこういう契約手法でしか見た事がないですけど、

説明がわかりにくくて、誤解を招くような言い方だったし

こういうのはIT関係に疎い人は簡単にひっかかりそうだ。

久しぶり詐欺まがいとも思える営業に怒りを覚えたのと、

これからは絶対に●モバイルは使わないと誓いました。


まとめ


●モバイルは今度絶対に契約しないし、 家電量販店のビンゴ大会は参加しない。

猫の学生CMやってんじゃねーぞ(◎`Д´)コラァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!