kingdom_540_03



583話『十三日目』内容


カイネの伝令


趙左翼に伝令へ来ていたカイネは、 馬南慈達と話していた。

カイネは要件を伝え終わり、趙本陣へ帰ろうとする。

その時、尭雲がカイネに気が付く。

そして尭雲は語り出す、主である藺相如は

時々不思議な夢を見るお方であったと。


そして、主が亡くなった後、今度は自身が夢を見るようになったという。

尭雲は夢にカイネが出てきたというのだった。

尭雲の夢


そして尭雲は続けて話し出す。

カイネの主に対する忠誠心は、尭雲に似ているという。

だが、尭雲はせめてその行く先まで我らに似る事が無い事を願う
と話した。

それを聞いたカイネは激昂する。

カイネは、尭雲の言葉が「李牧を失う」という事を暗示していたのだ。

しかし尭雲は、「そうなると断言したわけではない」と答えた。

怒ったカイネは本陣へ帰ってしまったが、

尭雲は、明日の戦いへの感情の高ぶりを感じながら、

全力でぶつける事が出来る相手である

飛信隊と玉鳳隊の存在に感謝
していた。

王翦の読み


朱海平原の戦い 十三日目の戦いが始まり

王翦の中央軍に右翼が今日も敵を押し進めていると報告が入る。

王翦軍第三将である、田里弥(でんりみ)は

二隊があのまま覚醒しなかったら間違いなく右翼は終わっていたと感じ、

それを王翦様は読んでいたのかと考えた。

すると、王翦軍第四将の倉央(そうおう)が本陣へやってきて

玉鳳隊どころか、飛信隊の覚醒を読んでいた事に感銘を受けていた。

だが、王翦は飛信隊の覚醒はわかっていたが、玉鳳隊は半分賭けであると話した。

そして十三日目の戦いも厳しいものとなるが、それを越えれば

大きく戦局が動くと話す。

ただ、王翦は右翼はそれをも越えてくると読んでいた。

趙の狙い


右翼の戦いでは趙との激しい戦いが始まっていた。

そして、尭雲と趙峩龍の本軍がついに動き出す。

趙中央軍ではカイネと傅抵が趙左翼の作戦について話をしていた。

趙の作戦とは、秦軍の主力となっている飛信隊か玉鳳隊の

どちらかを叩くというものであった。

そして、狙われる人物は王賁だという。


感想


尭雲の予言?

夢はなんであれカイネに言ったんでしょうね。

そりゃあ、カイネ怒りますよね。

でも、尭雲が急に予言なんか見始めたって事は

尭雲討たれて死ぬようなフラグ?とも取れるような


あと、王翦が援軍を出さなかったのは

飛信隊と玉鳳隊の覚醒を読んでいたからという事で

緻密な計算によって安全策を取っていくような

王翦とは違う戦いをしているような

田里弥と同じ感想を思っちゃいますよね、かなり危ういと。

昌平君もこの辺りについてはかなり疑問を持っていたので

後々の伏線となる感じなのでしょうか。

そして、王翦軍の第四将倉央が初登場!

蒙恬の戦いの時とかに名前だけは出ていましたね。

なんか強そうな顔の壁っぽいよーなw

部隊も貴士族っぽい感じと、軽い感じから

武力は意外と高いかもしれませんね。

状況を見る目もありそうだし。


んで、右翼の十三日目が始まったのですが

次週王賁がピンチへ!?

不吉なラストシーンでした。

でも、信が尭雲を討つとしたら、王賁退場くらいの

強烈な出来事がないとダメなのかもしれません。


584話予想


後日更新予定