kingdom_536_01


585話『雷獄』内容


親衛隊


王賁本陣へ尭雲軍の精鋭部隊”十槍”が迫る。

王賁の親衛隊が守りを固め、十槍を止めに入るが

後ろからやってきた尭雲の一振りによって親衛隊の守りは突破されてしまう。

尭雲の刃は王賁の目前に迫っていたのだった・・・。

雷獄


雷雲と戦っていた関常隊も王賁本陣の危機を感じ取っていた。

王賁本陣では、王賁対尭雲と十槍の3人の1対4の戦いになっていた。

王賁の護衛は全てやられてしまっており、王賁の周りには十槍による

防陣がされており中に入れない状況になっていた。

これは尭雲隊による、『雷獄』と呼ばれる陣であり、

かつての秦六将を討ち取るために編み出された一撃必殺の術(わざ)であった。

王賁の危機


一方、番陽と趙峩龍との戦いでは、番陽隊が優勢であったものの

番陽も後方にいる王賁本陣の様子がおかしい事に気が付く。

すぐに助けへ向かおうとするが、趙峩龍によって援軍の進行は止められてしまった。

番陽は敵にはめられていた事を悟る。


王賁は趙軍の攻撃によって討たれそうになっていた。

そこへ危機を察した関常隊が王賁本陣へやってくる。

雷雲も後ろから付いてきており、王賁本陣は乱戦状態となった。

一点突破


王賁は尭雲との戦いで、攻めに転じれぬどころか

周りに居る十槍もそう簡単には討てぬ実力を持っており苦戦を強いられていた。

関常は王賁へ「そこから脱出する術は一つしかない」と声をかける。

王賁はすぐに理解し、関常と内と外からの一点突破を試みる。

そして、王賁は最後の力を振り絞り、また関常も全力で討ち進んだ。

だが、王賁の後ろには尭雲の振り上げた刃が迫り、

関常は王賁を守るため、尭雲に立ちはだかった。


感想


関常おおおおおおおおおおお!!

王賁の代わりに関常が犠牲となるのか・・・

しかし、最後は王賁も尭雲に気が付いている様子なのでもしかすると反転する可能性も・・・?

だけど、それだとせっかく王賁を助けた意味が無くなってしまうような

ただここで尭雲を討たなければ王賁はずっと狙われる事になるだろうし

本能型によって王賁の危機を察した信がやってきたりしないかな?

尭雲の行方がわからねぇって飛信隊はなっていたけど、

王賁の方の揺らぎを感じて信が来たりしたら面白い。

信!頼む!!早く来てくれーーー!!!


あと、2019年1月12日(土)『世界ふしぎ発見!』の始皇帝特集で

原先生が出演されるそうです。

2019年初めからキングダムで盛り上がれそうですね!非常に楽しみです。


586話予想


キングダム 586話予想考察『王賁のピンチに関常が・・・!王賁と関常の運命とは!?』 ※12/28 14時更新予定