kingdom_586_01


586話『二突きの勝負』内容


尭雲の一撃


尭雲精鋭部隊による雷獄から脱出を試みた王賁だったが、尭雲が後ろに迫っており

王賁と入れ替わりになった関常が尭雲の射程範囲内に入る事となった。

尭雲は前方に現れた関常に大きな一振りで一撃を与えると

関常の槍は簡単にへし折られ、関常は気を失ってしまった。

尭雲はさらに追撃を仕掛けるが、振り返り戻った王賁が横槍を入れ

関常は九死に一生を得る事となった。


二突きの力


王賁と尭雲が再び戦う事となったが、王賁はすでに腕の力も無くなり

槍を振るう事ですらあと二突きの力しか残っていない状況だった。

だが、王賁はまだ尭雲を討つ事を諦めておらず、

関常隊の松琢(しょうたく)と宮康(きゅうこう)に声をかけ、自身の周りも守らせた。

尭雲の一刀


王賁は自分の槍の力に自負があった、最強の槍使いだった魏火龍紫伯を討った

自身に尭雲を討てぬ道理はないと思っていたのだ。

そして、王賁は全ての力を龍指にかけた。


王賁の一撃は尭雲の右腕を貫く。

そして、王賁は最後の一突きを尭雲に向けた。


しかし、右腕が粉砕されたはずの尭雲の一刀は止まらず

そのまま王賁の槍ごと王賁を討ち、王賁はそのまま落馬してしまう。

勝敗の行方


愕然とする玉鳳隊だったが、関常が

まだ終わっていない」と叫ぶ。

そして、王賁を連れてここを脱出しろと声をかける。

王賁が脱出すれば、玉鳳隊は死なず、

右翼の戦いも飛信隊がいる限り、勝敗は決まらないと話す。

感想


関常は死ななかったが、ここでやはり王賁が・・・・

でも、王賁はキッチリと仕事を終わらせたと思う。

尭雲の右腕を粉砕した事で、信が戦って尭雲を討つ可能性がかなり高まった。

飛信隊は戦場の一番左側に居るという事だけど、

尭雲の居ない軍では、羌瘣だけだとしても十分戦えるだろうね

ただ、信の居る場所はまだ遠いので王賁がいない玉鳳隊の元へ

どれだけ早く行けるのかが気になるところ。

あと、今回の話でようやく「王賁は討たれてしまうのだ」というのが

終わったわけだけど、個人的に今後はこういうハッキリとした予告はやらないで欲しいなぁ

まだ、秦軍によって裏目に出てしまうとかそのくらいだったら

どうなるのかっていう期待感があるのだけど、王賁は死なないと分かっているし

王賁に危機感があってもちょっと緊張感がなかったかな。

せめて今回は「玉鳳隊が討たれてしまうのだ」という感じで良かったような。


587話予想


キングダム 587話予想考察『王賁討たれ絶望的な状況の中、玉鳳隊本陣はどうなる!?』