kingdom_558_02


キングダム 586話では、尭雲に狙われた関常を助けるため王賁が再び尭雲と戦う事になりました。
しかし、王賁はすでに戦う力はほとんど残っておらず、最後の二突きの力で尭雲の右腕を粉砕したものの
尭雲の攻撃は止まらず、王賁は落馬し討たれてしまいました。
この状況に関常はまだ勝敗は決まらないと話しました。それは、この戦場に飛信隊が居るからです。
王賁が瀕死の状況の中、玉鳳隊本陣はどうなるのか?予想したいと思います。

尭雲を討とうとする王賁

関常を救出した王賁


雷獄を脱出するために、王賁と入れ替わりになった関常ですが、
王賁を追ってきていた尭雲の攻撃を受ける事になります。
そして関常は尭雲の攻撃を防御したものの、その攻撃力は凄まじく
矛は無残にも折れ、関常は気絶してしまうのでした。

尭雲の追撃が入ると、関常が討たれそうになりますが、
反転してきた王賁によって関常は救われます。

玉鳳隊を生かすためには、まずは王賁が逃げなけらばなりませんが、王賁は関常を助けました。
王賁にとっても関常は大事な玉鳳隊の一人であるという事でしょう。

尭雲の右腕を粉砕!?


関常を助けた王賁は、再び尭雲と戦いますが王賁の体力は無くなっており、
尭雲を討つために、全力を出せるのはあと二突きの勝負となりました。

そして、王賁は尭雲の攻撃の瞬間に右腕に槍で攻撃し、尭雲の右腕を粉砕します。
利き腕を粉砕させた王賁はこのまま尭雲の胴体を貫こうとしますが、
尭雲は再び刃を振り上げて、勢いのまま王賁へ叩きつけ落馬させます。

王賁は尭雲の右腕を粉砕させる事で、敵の攻撃を防げると読んでいました。
しかし、尭雲は王賁の予想を遥に超えた力を持っており、王賁は敗れてしまいます。
藺相如の予言で、尭雲が朱海平原で戦いその戦場を敵の血でさらに朱くしてやれと言われたように
尭雲もただではやられないという想いを背負っているのでしょう。

ただ、右腕を貫かれた尭雲がそのまま変わらず矛を振るえるという事もないでしょう。
今後の戦いで尭雲にも悪い影響が出てきそうです。

右翼の勝敗の行方は飛信隊!?


尭雲によって落馬して気絶した王賁でしたが、関常は松豚と宮康に対し王賁を救出するよう声をかけます。
まだ、王賁がこんなところで終わるとは思っていないからです。

趙軍は王賁が討たれた事によって右翼の勝負は決したと思っているようですが、
玉鳳隊の関常は右翼に飛信隊がいる限り、右翼の勝敗は決まらないと言っていました。

肝心の飛信隊は、玉鳳隊の危機を分かっているのかどうか、今の段階ではわからない状態です。
飛信隊は、玉鳳隊の戦場から亜光軍越えた先に居るので、王賁の救援には間に合わなそうですね。
(個人的には来て欲しいですが)

しかし、関常から飛信隊が居ればわからないという言葉が出るとは意外でした。
関常から見ても飛信隊の評価は高い事がわかりますね。


関常達に王賁を救出出来るか?

王賁の状態


586話の最後のページに王賁が少し動いたような描写がありました。
王賁は尭雲の一振りを防御した際に、槍ごと頭をぶつけてしまい気絶しています。

このシーンは尭雲と馬南慈に討たれた亜光将軍を彷彿させる光景でした。
亜光将軍は九日目の戦いから目覚めていません。

尭雲の右腕へダメージを与えた事が、どのくらい影響あるのかわかりませんが、
数日退場するような形になるのでしょう。王賁のダメージが少ない事を祈るばかりです。

ただ、王賁と言えば魏火龍 紫伯を討った際に、胸を刺されかなり出血がありました。
その時には、紫伯を討った後も重症のまま戦い続けていましたよね。
王賁も信と同じようにかなり体力はありそうです。

松豚と宮康に頼む


尭雲の攻撃を受けて、一時気絶状態になった関常でしたが、すぐに態勢を立て直して、
王賁が討たれた後に、王賁の救助を松豚と宮康に頼んでいました。

関常も矛を折られている事と、尭雲から受けたダメージが残っているため
関常が一丸となって戦わなければ、尭雲と雷雲の追撃から逃げる事は難しいでしょうね。

松豚と宮康は、これまで解説ややられる描写のみで、活躍はしていなかったと思うので
ここらへんで関常隊の連携なども見れると嬉しいですね。

玉鳳本陣の運命は

kingdom_587

元三大天 藺相如の武であった『尭雲』
引用:原泰久 キングダム 50巻 第541話 予言の地

関常隊が王賁を連れて、尭雲隊から離れるためには、後ろの尭雲。
そして前の雷雲の軍を突破しなければなりません。

玉鳳隊は覚醒した状態ではありますが、王賁を失った事により、大きく士気を下げていると思われます。
王賁を逃がすため、守るために動くとは思いますが、 尭雲と雷雲に一方的にやられてしまう可能性も否定出来ません。

となると、王賁を逃がすためには玉鳳隊への援軍が必要ですが、
それは飛信隊でもなく、亜光軍でもなくまずは副長の番陽が本陣の異変に気が付いた様子だったので
趙峩龍軍の守りを突破して副長の番陽が玉鳳隊本陣へ戻って来そうです。

そして、玉鳳隊本陣は尭雲の雷雲の他に、趙峩龍軍も合流して秦軍とかなりの乱戦になる事は必須。
皆、王賁を絶対に生かそうと考えると思いますので、番陽、関常、松豚、宮康の誰かが
犠牲になってしまうかも
しれません。


まとめ


王賁の状態と玉鳳隊本陣がこれからどうなるのか考察してみました。
王賁を討ち取られた玉鳳隊は、尭雲の兵士が少なかろうとかなり厳しい戦いとなると予想されます。
番陽、関常、松豚、宮康の内の誰かが犠牲となってしまう可能性も否定できませんよね。
王賁が起きている状態であれば、王賁がそれをさせないとは思いますけど。