kingdom_587_01


587話『祈るのみ』内容


宮康の覚悟


尭雲の一撃によって王賁を討たれた玉鳳隊は王賁を逃がすために撤退を始める。
だが、尭雲の雷雲からの追撃は凄まじく、関常隊の松豚はこのままでは逃げられないと感じていた。

そこへ、同じ関常隊である宮康が、雷雲に特攻をかける。
当然、敵兵によって袋叩きに合ってしまうが、宮康は王賁を守るためにに戦っていたのだ。

宮康は王賁を命をかけて守るに足るお方であると話した。
そして、体を槍で貫かれながらも戦い、兄弟である松豚へあとを頼み散った。

尭雲隊


飛信隊の戦場では、右の玉鳳隊がいる戦場で何か異変が起きている事を感じていた。
しかし、目の前の尭雲軍が居たため動けては居ない。
飛信隊はそのまま尭雲の居ない尭雲軍との戦いを優位に進めていたのだった。

一方、玉鳳隊の居た戦場では、尭雲と十槍が話をしており、王賁は宮康の影響があり、首を取り損ねたと話していた。
さらに、尭雲の右腕の傷や、雷雲は半数ほど討たれて、十槍も4人死亡していた。
尭雲隊もそれなりの被害があり、尭雲は早々に自陣の戦場へ戻っていった。

右翼の行方


尭雲が撤退を始めたのを確認すると、趙峩龍軍も玉鳳隊の分断作戦を止めて撤退を始めた。
玉鳳隊の番陽は本陣へ戻ると王賁が討たれた事をここで知る事となった。
番陽は関常を責めるが、関常も宮康を失って消沈していた。

その後の戦場の状況は、王賁不在の玉鳳隊が後退した一方で、
尭雲不在の尭雲軍は、飛信隊が押し込みその勢いは中央に配置されている馬南慈が注意を払うほどであった。

そして、趙軍は早めに全軍を後退させた。
理由は、王賁を討ち取った事により、秦軍全体の士気低下をさせる目的があった。
これにより、覚醒による士気上昇の効果は消え、趙峩龍は明日の勝利を確信していた。

王賁の様子


悲しみに暮れる玉鳳隊本陣に、飛信隊の信が訪れていた。
信は松豚へ声をかけ、王賁の様子を確認すると、王賁はかなり危険な状態であり、 あとは祈るのみだと話した。

信は王賁の居る天幕へ進み、副長の番陽へ王賁は大丈夫だと伝えた。
そして、あいつは死なない、死んでたまるかと信は話す。

さらに、信がここに来た目的は、王賁を羌瘣が持っている秘薬で治しにきた事と
明日どうやって趙左翼に勝つか玉鳳と話し合いに来たという。

そして、朱海平原の戦いの決着まで あと二日。


感想


玉鳳隊の誰かが死ななければ、王賁は逃げられないと思ったが、宮康が討たれてしまったか・・・。
それにしても、宮康と松豚は仲の良い兵士同士かと思っていたら、兄弟だったとは。

昔、信を守るために戦った尾到。今回の宮康。
王賁もまたみんなに守られて、みんなの力込みで王賁の力という事。
天下の大将軍になるためには、こういう事は必ずあるんだろう。

そして、趙軍は明日の勝利を確信。
確かにこのままでは秦右翼の力は半減しているわけだから、趙軍優勢に進みそうだ。
尭雲の右腕がどのくらい機能するのかによると思うんだけど、
負傷した今、尭雲を討ち取るチャンスではある。

信は、明日勝つために玉鳳隊へやってきたのだけど、
明日勝つためには、おそらく飛信隊と玉鳳隊の軍の一体化が必要だと思う。

つまり、玉鳳隊を飛信隊へ再編するという事だ。
だけど、玉鳳隊がそれを望まないはずなので、羌瘣が秘薬を使う事で
王賁が目覚めて、玉鳳隊を頼んだと言ってくれれば、飛信隊と玉鳳隊の合わさった隊は実現しそうだ。

あと、次号休載のようです。
最近休載が多くなってしまって残念ですが、また期待して待ちたいと思います!


588話予想


キングダム 588話予想考察『十四日目の戦いの鍵は信!玉鳳隊と共に戦い勝利出来るのか?』 ※1/25 11:30~公開