kingdom_592_01


592話『死に場所』内容


前線と後方


攻撃のみに集中した飛信隊は信を中心に趙峩龍ちょうがりゅう軍を突破していき、岳雷がくらい率いる飛麃ひひょうはもう少しで趙峩龍ちょうがりゅう本陣に到達するところまで来ていた。

一方、後方支援に回っていたえん副長は前線が広がり、間延びした隊の状況に一度松左しょうさの隊と合流して中間をどう進めるか話す必要があると感じていた。

松左しょうさを探す渕副長だったが、松左しょうさの隊の兵士より松左が新人達が戦っている死地へ救援へ向かったと聞き、えんは言葉を失った。

趙兵の槍


干斗かんとら新人たちが戦っている戦場では、趙兵によって飛信隊の新兵が虐殺にあっていた。
そこへ松左達が救援へやってきて、干斗かんとを救うが絶望的なほど敵に包囲されている状況は変わらなかった。

松左しょうさはすぐに新兵達へ走って逃げるよう促すが、趙兵がそれをさせなかった。再び趙兵に囲まれてしまった松左は、窮地に陥り背中に趙兵の槍を受けてしまう。

松左しょうさは槍を受け倒れこんでしまうが、再び立ち上がり新兵達を引き連れ、敵兵包囲から脱出しようとした。

松左しょうさ干斗かんと


干斗かんとは自分達を包囲している趙兵の多さに驚き、ここから脱出するのは不可能だと感じていた。
そして、このままでは俺たちを助けに来たために松左しょうさが死んでしまうと思い、松左しょうさに対し、自分達が突破口を開くので一度後ろに下がって欲しいと話した。
干斗かんとの言葉を聞いた、松左しょうさ

そんなんなら始めから飛信隊うちに入って来るんじゃない!

と激怒した。
新兵達が足手まといなのは当然だと松左は話す。
そして、この戦いで奇跡を起こして勝つと言っていた信のため、信の大将軍の道のため、
それを支えてやるのが俺やお前達新兵だと話した。


松左しょうさの願い


決意新たに皆で死地を乗り越えると話す松左と新兵達。
趙兵に囲まれながらも一番先に立ち突破口を開こうとする松左を見ていた干斗かんとは、自身の無力さに悔しさを感じながらも、松左しょうさをカッコ良い存在だと感じていた。

そして、ついに敵の包囲を突破しそうになった頃、松左しょうさの動きが突然止まってしまった。
干斗かんと松左しょうさの異変を感じると声をかける。
すると、松左しょうさは弱々しい声で、

出来るだけ信の居る前の方に自分を運んでほしい

と話すと、目の前で松左しょうさは倒れてしまう。


感想


数話前から松左にスポットライトが当たり、嫌な予感はしたのですが、嫌な予感っていうのはよく当たる。
飛信隊古参の中でも好きだった松左が倒れてしまった。

出来るだけ前に、信の居る前線に運んでほしいというのも死を悟っての事だろうから、松左は本当に・・・。
しかし、前に運んでほしいという願いは叶えられるのだろうか。
馬でもない限り、大人一人を抱えて敵陣を進むのはかなり厳しい気がするけど。

だから、干斗は前に運んでやろうとするが、渕さんなどの騎馬隊などの助けが来るのか、
一旦河了貂の元へ戻すのかもしれない。

松左の死を知った信はどう思うのか。
松左は本当に信が百将だった頃から精神的な部分でも支えていたし、ショックは隠せないだろう。
信には趙峩龍を討つ事で、松左の無念を晴らして欲しいところだ。


593話予想


後日更新予定