kingdom_597_01


597話『武運を』内容


藺相如りんしょうじょの話


趙峩龍ちょうがりゅうは思い出す、
藺相如は、尭雲ぎょううんと趙峩龍の二人を連れ、中華の話を始める。
藺相如はかつて、馬丘ばきゅうの戦いでその話をしたという。
そして、その相手はあの王騎おうきであった。

馬丘の戦い。
王騎軍と藺相如軍が川を挟んで対面する。
藺相如は王騎と会い、その顔を見てみたかったという。


だが、藺相如は王騎の姿を大いに”無邪気むじゃき”であると話した。

自分の役割


藺相如りんしょうじょはその無邪気である理由を、
戦神いくさがみと呼ばれる秦王の影響だと話す。
そして、その影響により王騎達の強さにも繋がっていると語った。


だが、藺相如はそれだけでは、中華統一は出来ず、
また中華もそれを受け入れられるときではないという。

ただ、自分達がやっているこの戦いにも重要な役割があり、
中華を熟させるためにはこの戦いが必要だと言うのだ。


人は繋がり生きており、いずれ来るあの日を待っているのだと
藺相如は王騎に語りかける。

武運を祈る


藺相如りんしょうじょの後方から王騎おうき軍の援軍がやってくると
藺相如は撤退を始める。

そして、藺相如は王騎へ
武運を祈れ 俺も祈る
と伝えるとその場から去って行った。

藺相如は尭雲ぎょううん趙峩龍ちょうがりゅうの二人へ語りかける。
中華は争いにうんざりしていて、一つになりたがっているが、
それは容易な事ではないと話す。

そして、それが失敗すれば永劫えいごうに中華は
分裂したままになり、延々と戦い続けるだろうと話した。

藺相如りんしょうじょの願い


藺相如の願いは中華が一つとなる事であったが、
それを成すのはちょうではないかもしれないと話す。

藺相如は尭雲ぎょううん趙峩龍ちょうがりゅう
二人へ話しておきたい事が二つあるという。


一つ目は、中華統一を成そうとする人物へ会った時には、
全てをかけてそいつを殺せ
という事。

そして、その時のお前達が背負っている物全てをぶつけて
そいつを打ち砕けと話す。

趙峩龍ちょうがりゅうは、その言葉を思い出すと
信に全力の一撃を食らわせる。


感想


藺相如の顔が初めて公開されましたが、
思った以上に若く、嬴政の目つきがきつくなったような顔でした。
王騎と対面するシーンでは、騰の対面が尭雲。
そして、趙峩龍というと隆国でした。

確かに隆国といえば、王騎軍の参謀であり
これまでも武力ではなく、知略によって戦場で活躍してきた印象があります。
今回の王騎将軍との対話によって、尭雲や趙峩龍がどういった立ち位置の人物だったのか
改めてわかった気がします。

あと王騎将軍との対話で藺相如は、王騎将軍との考え方の違いも見せました。
王騎将軍は今の時代を楽しみ、仲間と共に感情を共有しているように見えるが、
藺相如は、中華の在り方を見ている。
中華が一つになる事を願いつつも、
趙国にその気概がなく、悲しんでいるようにも見える。

また藺相如は、尭雲と趙峩龍へ伝えたい事が二つあったのだが
その一つ目が話されたのみで、二つ目はわかっていない。

二つ目は、全力で戦いそれでも敗れた時の事だろうか・・・。


598話予想


後日更新予定