kingdom_598_01

598話『紡ぐ者』内容


限界が近い


亜光あこう軍対馬南慈ばなんじ軍との戦いでは、亜花錦あかきんが馬南慈の首を狙いつつ必死に攻撃を耐えていた。
しかし、馬南慈の勢いは止められず、亜花錦は足止めは限界に近いと話していた。

そして、玉鳳ぎょくほう隊と尭雲ぎょううん軍の戦いでも限界が近づいており、
徐々に尭雲軍の騎馬隊に防陣を崩されつつあった。

双肩に宿るもの


秦軍の最前線では、飛信隊ひしんたいの隊長信と趙峩龍ちょうがりゅうの一騎討ちが始まり、信は趙峩龍に押されていた。
軍師であるはずの趙峩龍が、信と対等に戦えている事に驚く飛信隊。
だが、趙峩龍にとって強いのは当然であると話す。

それは、趙峩龍の双肩には、先に逝った八将と病で去った藺相如りんしょうじょの思いが宿っており、
それ故に、弱いわけがないという。
そして、皆の思いを乗せた趙峩龍の一刀は、王騎おうきの矛ごと信を吹っ飛ばした。

信が背負っているもの


趙峩龍ちょうがりゅうの一撃を受けた信だったが、倒れず耐えていた。
羌瘣きょうかいは言う、信もひょう尾倒びとう松左しょうさ麃公ひょうこう輪虎りんこ万極まんごく成蟜せいきょう
そして、王騎おうきの思いを宿していると。


趙峩龍は、信の矛を振る姿が王騎のように見えていた。
信の一刀は、趙峩龍に大きな傷を与えるのだった。


信は身体がボロボロになり、 倒れそうな状態だったが、

中華を統一する王 嬴政えいせい金剛こんごうの剣だ

と話し、自身も

天下の大将軍になる男だ

と叫ぶと、信の矛はついに趙峩龍ちょうがりゅう の身体を貫いた。


感想


パソコンが故障してしまって、少し更新が遅くなってしまいました。申し訳ありません。

さて、今回のキングダムの話ですが、亜光軍や玉鳳隊が敵の攻撃を耐えられる時間が近づいており、
飛信隊の信は、趙峩龍を討てるのかどうかというお話でした。

そして、趙峩龍も色んな思いを紡いでこれまで戦っている人物だったので当然強かった。
先の趙峩龍軍包囲網によって、信の体はボロボロの状態であったとはいえ、
やはり簡単には討たせてくれないのが趙峩龍。

慶舎との一騎討ちでもわかる通り、背負っているものが大きければ大きいほど
やはり強くなるのだろう。

かなり昔に戻るけど、麃公と呉慶の戦いでも呉慶は強かった。
あれもやっぱり人が思いを紡いでいった結果という事なのかな。
ただ、息子の呉鳳明にその思いが続いているのかは微妙な感じですがw

今回の話も私は凄く感動しました。
これまで死んでいった者たちが映し出されて、うるっときたのもありますが
丁度実写映画が公開されたタイミングで、
中華を統一する嬴政の金剛の剣だと天下の大将軍になる男だというセリフ。
実写映画のシーンと重なって感動しました。

もしかして、これも狙ってやってたりするのかね~。


599話予想


後日更新予定