kingdom_546_02

599話『右翼の風向き』内容


趙峩龍を討つ


信の矛が趙峩龍ちょうがりゅうの身体を切り裂き、信はついに趙峩龍を討った。
飛信隊は歓喜に沸くが、趙峩龍軍は主を討たれた怒りを飛信隊に向けようとした。
だか、退路を断っていた那貴なきが到着して趙峩龍の背中を大いに討った。

信が趙峩龍を討ったという報は、飛信隊本陣に居た河了貂かりょうてんにも伝わった。
河了貂はすぐさま右の玉鳳ぎょくほう隊、左の亜光軍へ趙将趙峩龍を討ったということを伝え広めた。
14日目の戦いで右翼の勝利を決定的なものにするという策であった。

風向きの変化


信が趙峩龍ちょうがりゅうを討ったという知らせはまず飛信隊の戦場へ伝わり、
そして、右の玉鳳ぎょくほう 隊、左の亜光軍へ伝わり始めていた。

押され始めていた玉鳳隊であったが、士気が回復し尭雲ぎょううん軍を押し返していた。
そして、左の亜光軍を任されている大将代理の段茶だんさは、馬南慈ばなんじを討ちにやってきた
飛信隊と共に大きな戦果を挙げる。

そして、馬南慈軍は半数の兵士を失う結果となったのである。

異変


14日目の戦いの戦果は、秦軍・趙軍双方の大将にも伝わった。
だが、最終決戦日の15日目を迎える前に大きな出来事が起ころうとしていた。

14日目の戦いを終え、今日の戦いの疲れを癒し眠っていた羌瘣きょうかい であったが、
その異変に気が付き、目が覚めていた。

脅威


秦左翼の戦場で戦っている蒙恬もうてんは、信の戦況を変える活躍に浮かれ喜んでいた。
そして、胡漸こぜん副長(じぃ)に、陸仙の陣へ行く事を伝えると蒙恬は馬を走らせた。

胡漸こぜん副長は、秦国に六将やそれに追随する者たちである、蒙恬や王賁おうほん
そして信のような者たちが現れてくることに秦国は運が良いと感じていた。


そんな時、野営の陣へ敵襲の声が聞こえる。
そして、胡漸こぜん副長の目の前に立っていた人物は、武神と呼ばれる人物であった。


感想


ここで、龐煖が登場!
信が岳嬰を討った時に、龐煖が出てきてもしかしてやってくるのかなんて思っていたら
こんなタイミングでやってくるなんて・・・・
そして、蒙恬の陣にやってくるとなると、どうなっちゃうんだ?

龐煖の武力は無茶苦茶だから、羌瘣のような人物の居ない
蒙恬軍は全滅する可能性だってあるよね?

幸い蒙恬は居ないんだけど、じぃがどうなるか・・・
龐煖は王騎の気配を感じ取ってやってきているはずだから
じぃが何もしなければ、このまま去っていくっていう可能性もないこともないよね

そして、もし戦うとして蒙恬の事だから
団結した戦い方で、うまく龐煖を退かせてくれそうな気がする。

もし、今回の戦いで信と龐煖が戦うとして
きっとまだ信は龐煖に勝てるレベルにはなってないだろうから
羌瘣と一緒に戦ったりするのかな

それこそ、馬陽の戦いのようになって信が覚醒するとかね!
もちろん羌瘣は生き残るパターンで


600話予想


キングダム 600話予想考察『戦場に現れた龐煖!朱海平原の戦いは更なる予測不能な戦いへ!?』