bo2_ms_top

引用:PS4 ガンダムバトルオペレーション2


どうも、うしぽんです。
皆さんは、『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』というゲームをご存じだろうか?
『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』とは、PS4で無料配信されているチームバトルアクションのゲームなのだが、無料とは思えないクオリティで毎日プレイするのが楽しいのだ。
今回はそんな好きなゲームのプレイ日記でも書こうかと思いここに記そうと思う。

機動戦士ガンダム バトルオペレーション2

自己紹介


改めまして、うしぽんと申します。
今日は『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2(以下バトオペ2)』について書こうと思います。まずこのゲームは、2018年7月26日に配信されており、私は基本的に毎日プレイしている。(何か用事があってログイン出来ない日もあったけど、基本的にログインはしていた。)
そのおかげもあって、このゲームのランクは『A』ランクのカンスト。
このゲームはチームバトルアクションなので、戦いに勝利したりするとポイントが溜まっていき、ランクが上がる。もちろん、負けたりするとポイントが下がるので簡単に『A』ランクのカンストとはいかないと思うが、初期からプレイしている人なら基本的に『A』ランクのカンストはいってるだろう。
今回、こういう形でブログを書いているのは、せっかくバトオペ2をプレイしているのに、何も発信するような記事を書かないのはもったいないかなと思ったからだ。 一応、Aランクプレイヤーだし何か初心者向けやプレイしていて発見した事を発信出来ればよいと考えている。 ただ、毎日数時間プレイするわけでもないし、この日記の更新は一定間隔にしたい。

ガンダムEz8について


先日、バトオペ2のコスト別おすすめ機体の紹介をしたのだが、コスト350のところで、「ガンダムEz8が入っていないのはおかしい」という意見が入った。確かに、ガンダムEz8は弱いわけではなく、むしろ強いかもしれない。機体の評価は、中の上といったところだが、コスト350で紹介しなかったのはやはり主兵装の「ロケット・ランチャー」の存在である。
この「ロケット・ランチャー」というのが曲者な武器であり、「ハイパー・バズーカ」と比較するといかに使いにくい武器なのかわかる。
「ロケット・ランチャー」は、「ハイパー・バズーカ」よりも、弾数が4発少なく、発射間隔は0.8秒長く、リロード時間は5.5秒長い。全く良いところがないうえ、ガンダムEz8は主兵装が弾切れになると17.5秒間もの間、格闘やバルカンを撃っているしかないのだ。
中級者までのプレイヤーを相手にするならともかく、これは致命的な欠点であり、上級者を相手にするならすぐに止められるか、カウンターを取られて終わりだろう。これが、グレネードなど装備していたら少しは違ったと思うが・・・。

しかし、ガンダムEz8も昨年ランクマッチが開催された時には、ジムコマンドかガンダムEz8かというくらい強かった。
ジムコマンドは「ハイパー・バズーカ」を装備しているうえ、細身で格闘モーションもガンダムと同じなので、低コストのガンダムと呼ばれるほど安定性があり強かった。だが、HPが少なかったり格闘が中判定だったので、耐久力があり、強判定のガンダムEz8を求めるプレイヤーも多かったと思う。

ガンダムEz8は、次々と出てくる強機体の波にのまれてしまったのだと思う・・・。使えないことはないが可哀そうな機体だ。

最近気になる機体


コスト300に『陸戦高機動型ザク』という機体がいる。
この機体は地上適正をもっており、格闘も強判定だったので前から注目はしていたのだが、パーツスロットの遠距離が2で、強化フレームの上位を装備出来なかったり、スラスターが低すぎる事が嫌で使用を避けていた。
しかし、強制噴射装置のLv3を入手した事によって、その弱点はカバー出来そうなうえ、先日のアップデートで『強化施設』が実装され、強化次第では、パーツスロットを増やせる事がわかった。つまり、『陸戦高機動型ザク』の遠距離パーツを3にする事ができ、強化フレームも装備出来るのだ。
これはかなりの強化になると思われるが、どうだろうか?
筆者は自分を信じて、『陸戦高機動型ザク』の強化をすすめたいと思う・・・。