kingdom_602_02

引用:原泰久 キングダム 第602話『李牧の陣形』


602話『李牧の陣形』内容


河了貂かりょうてんの狙い


朱海平原しゅかいへいげんの戦い最終日となる十五日目の戦い。
戦いの先陣を切ったのは、右翼の飛信隊ひしんたいであった。
河了貂は、最初から全力で猛攻を仕掛ける事が必要だと話す。
右翼を抜き、趙軍の中央軍を王翦おうせん軍と挟撃するためには、
趙左翼をすぐに突破する必要があったのだ。

だが、ここで河了貂の予想外な事が起こる。
王翦軍が右翼の進行を待たずに、趙軍へ攻撃を開始したのである。

王翦おうせんの狙い


中央の王翦軍の先鋒は、田里弥でんりみ軍一万であった。
敵の動きに李牧りぼく軍に緊張が走るが、王翦軍の行動は
王翦軍と李牧軍が戦っている間に、
秦軍の右翼が李牧の首を狙うという事を意味していた。

李牧りぼく軍の守備


そして、田里弥でんりみ軍と李牧軍の戦いが始まる。
田里弥軍は敵の前列へ攻撃を仕掛けるが、
固い守りで抜くことが出来なかった。

田里弥はすぐに騎馬隊を一点突破の陣形へ変えてくるが、
李牧軍は敵に合わせ守りを固め抜かせなかった。

火急の知らせ


李牧りぼく軍の守りは強かった。李牧自らが指揮を取らずとも、
部隊長の判断のみで守り切っていたのだ。
李牧は、守るだけならいくらでも守れると話していた。
そこへ、李牧の元に火急の知らせが入る。
それはぎょうからの知らせであった。

そして、李牧の陣に変化が起こった。
李牧軍は守備の陣から攻撃の陣へ変えたのである。
それを見た王翦おうせんは、不敵に笑った。


感想


ついに動き出した王翦軍。
田里弥はやはり自らが先頭に立って戦うタイプではなく、軍略や陣形を使って戦うタイプだった。
倉央の実力は、まだわからない状態だったが、田里弥の戦い方も見れたし良しとしよう。
守りが固い李牧軍なのは予想通りだったが、鄴からの知らせによって
守りから攻撃へ陣形を変えてきたのは、鄴城の兵糧がもう無くなってしまったという事だろう。
だけど、本当に王翦の策はこれだけだったのだろうか・・・。
なにかこれまでが完璧過ぎたので、今の戦い方はモヤモヤする感じなんだよね。
ただ、まだ十五日目の戦いも始まったばかりなので
これからの王翦軍の戦いに期待したい。


603話予想


後日更新予定