kingdom_605_01

引用:原泰久 キングダム


605話『王翦の読み』内容


糸凌しりょうの力


倉央そうおう軍出陣前、李牧りぼく防陣ぼうじんの秘密が読めないでいた王翦おうせんから探りのため、
倉央軍から一千騎を突撃させるよう伝令が来ていた。
倉央と副官の糸凌は探りに一千騎は多いと驚くが、倉央は糸凌に対し
夜の元気は残しておけよ」と伝えると、糸凌は笑みを浮かべ先陣を切った。

糸凌が突撃を始めると、共伯こうはく軍の兵士が大勢斬られ始める。
その突撃勢いは味方が追いついて来れないほどであり、
兵士達はついていくのがやっとであった。


盾兵の守り


糸凌しりょうの突撃は趙軍をも驚かせるものであったが、
想定以上の””に合わせ損ねただけであり、
カイネはすぐに通用しなくなるだろうと話す。

糸凌は一人、共伯こうはくの盾兵と対峙する。
糸凌は盾兵に攻撃を与えるが、
盾兵は少し後退りするだけで
敵を突破する事が出来なかった。


盾兵は”虚脱きょだつ”を使い、糸凌の攻撃を受け流していたのであった。
だが、糸凌は自身の気を当てられて
微塵みじんも恐怖を感じぬ敵に不気味ぶきみさを感じていた。


違和感


糸凌しりょうの進攻が止まったため、倉央そうおう
糸凌を本陣へ戻そうと伝令を出そうする。
しかし、李牧りぼくがそれを許さなかった。
李牧兵により、分断攻撃ぶんだんこうげきが始まったのである。
倉央は糸凌へ援軍を送るが、送ったすぐ後に
敵部隊が本陣へやってきていた。
倉央は敵の素早い行動に驚きを隠せないでいた。

一方の田里弥でんりみ軍の方も、苦戦しており
田里弥は大した指示も出せず考え込んでいた。
田里弥は大小の戦術を使い、敵にぶつけてきたが
その戦術はむしろ裏目に出続けており、
ここまで敵との差がある事に釈然しゃくぜんとしないでいた。


王翦おうせんの狙い


王翦軍の元へ倉央そうおうの動きが止まったと報告が入る、
その事によって王翦は何かに気が付き、王翦は自らが先頭に立ち本陣を動かした。
趙軍も雷伯らいはく軍一万を出陣させ、王翦を迎え撃つ構えである。

王翦軍がどんな陣で、雷伯軍と戦うのか
趙軍だけでなく秦軍からも注目が集まっていた。

しかし、王翦軍は布陣もせずそのまま前進しようとしていた。


感想


李牧の防陣の秘密が明かされるようでなかなか明かされない。
カイネのセリフから、どうも武を読み違えると多少の被害はあるようだが
すぐに現場で対応している様子である。
もし、敵の力に応じて兵力や力を分散させているのだとしたら
それはそれで一度突破された時の崩壊は早そうなので
現場だけの判断ではなく、何か全体的な動きで守っているような気がする。
今回の話では、倉央や田里弥が自分の行動や戦術が
裏目に出ている様子だったので、守りの部隊と
戦術の部隊などで二つに分かれているのだろうか。
そんな中、王翦はついに李牧の防陣の秘密に気が付き
進行を始めるが、王翦がこれからどう戦うのか非常に気になる。
王翦軍であれば、田里弥軍や倉央軍のような
少しガッカリするような展開にはならなそうだからね。

あと、倉央軍の気になる副官ついに判明しました。
『糸凌』と言って、女の人だったようです。
ちょっと女っぽい男なのかな?とも思っていましたが
倉央とも恋仲にあるようで、この戦いが終わったら
倉央は糸凌を朝まで抱きまくるそうですw
そういう事言うと、この業界では死相が見えるんじゃよ・・・


606話予想


キングダム 606話予想考察『李牧軍に翻弄される田里弥と倉央軍!王翦の無陣と李牧軍防陣のカラクリとは?』 6/30 7時~公開予定