kingdom_607

引用:原泰久 キングダム


607話『総大将の対話』内容


王翦おうせんの見える景色


王翦が雷伯らいはく軍に動きを合わせてからの戦いは、
王翦軍が雷伯軍を圧倒していた。
雷伯は、敵の”起こり”を見つける事が出来ず、
戦術的な動きをしようとすると、
王翦軍は返し技を行い、雷伯軍は敗れた。


王翦の元には、味方が敵を破ったという
吉報きっぽうが続々と届いていた。
このまま、一気に雷伯軍を撃破すると
思われたが、王翦は乱戦を解くよう
指示を出し、左の田里弥でんりみ軍へ
移動するよう伝えた。

王翦おうせんの奇襲


共伯こうはく軍と戦っている田里弥でんりみ軍へ
王翦軍が強引に合流するという展開は
王翦軍の動きは、敵も友軍も李牧りぼくでさえも
予想しない動きであった。


そんな中、いち早く動き出した人物は倉央である。
倉央は本軍を田里弥軍の元へ移動させ、
趙軍との戦いはさらなる混戦を
起こす事となった。


王翦軍の動きは、趙軍から見ると
ただ戦場をかき乱しているだけに見えた。
王翦が知略戦を捨てたのかと思われたが、
李牧は王翦が博打ばくちに出るとは思えなかった。

王翦おうせんの陣


乱戦の中、動揺しているのは趙軍だけであった。
王翦は各隊に指示を出すと、田里弥でんりみ倉央そうおうには
かく”の陣を作るよう伝えていた。

王翦はこの大混乱だいこんらんの戦いの中、
的確な指示を出し続け、
陣を作り上げようとしていた。
そして、王翦は”赤大鶴せきだいかくの陣”を布陣する。

布陣を作り上げた王翦軍と乱戦により
陣形が崩れている趙軍では、
これからの戦いに大きな差が出る事は明白であった。

だが、ここで王翦は奇妙な行動に出る。

乱戦の中、出来上がった空間へ
王翦が一人移動し、立っていたのである。

王翦おうせん李牧りぼく


王翦の罠だと思われたこの行動だったが、
王翦の元へ李牧がやってきていた。

ここで、この大戦が始まり始めて
両軍の総大将そうだいしょうが相まみえる事となった。

そして李牧は、王翦へ降伏こうはくを促す。
李牧は、秦軍は兵糧ひょうろうも切れ、このまま続けても
討ち死にするか、飢え死にするかだと伝えた。

だが、王翦は笑わせると答え、
もう間もなくぎょうの兵糧が尽き、
鄴は落ちるだろと話した。

さらに、王翦は趙軍の重しになっているのは
李牧であり、お前さえ消えれば
間違いなく趙は一瞬で滅ぶだろうと答えた。


そのうえで、王翦は李牧へ語りかける。
李牧の才能を無駄にせず、
私と一緒に来て、力を合わせれば、
二人で最強の国を作る事が出来る。


王翦はこの状況の中、
李牧を勧誘かんゆうしようとしていた。


感想


こんな全滅か李牧に勝てるかの状況の中、
王翦は李牧軍を圧倒して、さらに李牧を認めて
勧誘しようとしているのか・・・・。
王翦のブレなさにちょっと笑っちゃったけど、
改めて王翦の凄さがわかったような気がする。

そして、今回の勧誘もこれまでと少し違っていて
二人で協力して最強の国を作ろうと言っていた。
これは、李牧の力を完全に認めていて
自分と同等であると思っている証だろう。

李牧が始めた合従軍の戦いで、
もうすぐで函谷関が落ちるぞ!っていうところを
防いだのも王翦だったし、なんだかんだで
因縁のあるこの二人。

王翦と李牧が協力したら確かに最強だろうなぁと
思うけど、そんな提案は普通はしないし
ありえない話をしているよねw

李牧は、秦国に来訪した時、
秦国の全員の将が立ち向かっても、
私には勝てないと啖呵を切っていたのに
まさかこんな展開になるとはなぁ・・・

これじゃあ、李牧よりも王翦が強いみたいじゃないか
実際史実では王翦が最強だと思うけど、
もっと軍略の面で李牧無双も見せても良いんだぜ?


608話予想


キングダム 608話予想考察『王翦と李牧が協力!?李牧を誘う王翦の真意とは?』 ※7/13 15時~公開予定