kingdom_608

引用:原泰久 キングダム


キングダム 607話では、李牧戦術を読み切った王翦により趙軍を圧倒しました。混戦で陣形が崩れた趙軍に対し、王翦軍は戦いながら陣形を作り上げる事で有利な戦況を作りました。そんな中、王翦が戦場の真ん中で李牧と対話をし、王翦は李牧に降伏を進め、さらに自身と共に最強の国を作ろうと呼びかけるのでした。今回は、王翦が李牧が誘った真意と李牧はどう返答しこれからどうなるのか予想したいと思います。

王翦 と 李牧

王翦はなぜ李牧を勧誘したのか


普通ならこんな大戦の最中に総大将をいきなり
勧誘なんてしませんよね。
でも、王翦は李牧を勧誘しようとしている。

それはなぜなのか?

それは、王翦が抱いている思想が
関係していると思われます。
王翦は、これまで大将軍級の活躍をして
戦果を挙げてきたにもかかわらず、
ずっと蒙驁の副将として戦ってきました。
王翦は王座を狙うという危険な思想を
持っていたために、これまで
秦国から重用されて来なかったのです。

自分の周囲に人材を集め、
秦国を超える国を作るためなのか、
度々強い人物を見ると人材登用
のような事を王翦はしています。

山陽の戦いでは、廉頗将軍の配下で
廉頗四天王の『姜燕』に対し、
「私に仕えるのだ」と誘っており、
函谷関の戦いでも、燕国の大将軍である
『オルド』に対しても、生け捕りにするよう
味方に指示を出していました。

この二人に共通する事といえば、
・軍略で敵を打ち負かした
・相手の実力を認めている
・戦争中の勧誘


その事から、今回の李牧の勧誘も
王翦は李牧に軍略で打ち負かし
既に勝敗は付いたと考えていると思われ、
自身と同じ実力がある李牧に対しては
二人で組んで新しい国を作ろうと
持ちかけたのだと思います。

王翦の真意は?


王翦は自分の国を強固にするため、
趙国最強の武将である『李牧』を取り込むために
李牧を勧誘したのでしょうか?

少し違う視点で王翦の行動を考えたいと思います。
王翦は李牧に勧誘をする前、こんな事を言っていました

上に立つ者共が馬鹿の集団であればそれだけで国は亡ぶ
そして、今の趙王らが正にそれよ
我らが王都圏に入った時 王都邯鄲の大軍が動けば 我らに勝ち目はなかった
だが趙王がそれをせぬと読んで我らは入って来た
引用:原泰久 キングダム 第608話 総大将の対話

趙王が王都軍を出さない。
王翦はそれを読んでいたと言いますが、
それはなぜでしょうか。

李牧は、合従軍で敗北した以降、
趙王からよく思われておりません。
それに加えて、趙国の大臣の『郭開』も
李牧を陥れるような事ばかりしています。

王翦は何らかの方法により、
李牧が趙王などから良く思われていない事を
知っており、それで王都からの
軍は動かないと読んでいたのでしょう。


また、王翦は鄴攻めの出陣をする前に
昌平君へ頼み事をしていました。
おそらくその頼み事というのは、
趙国の大臣の『郭開』を買収し、
王都から軍を動かさないように
していたのでしょうね。

そして、今回王翦はそんな立場にある
李牧と戦場のど真ん中で対話を始めました。

王翦に近づく李牧。
そして、王翦から勧誘を受けている姿は
周りの兵士から李牧が秦国と繋がっているのでは!?
と印象を与えた可能性があります。


王翦が李牧と直接友好的な話をする
という事は、勧誘を断ったとしても

李牧が秦国の総大将と話をしていた

という印象を趙国に植え付ける事になりそうです。

李牧の返答と今後は?


王翦の誘いを受けた李牧。
間違いなくその誘いは断ると思いますが、
趙軍の陣形は崩れたまま、
さらに、王翦は趙軍を『赤大鶴の陣』を展開して
有利な状況のままです。

趙軍側が不利であると考えられますが、
これまでの戦いで李牧は直接指示を出し
戦ってはいません。

知略や指揮力では、王翦よりも李牧が高いと
されていますので、王翦が出来たことを
李牧が出来ないとは思えないのです。


この後、共伯軍と雷伯軍は再び
李牧指揮下に入り、戦いながら
陣を布陣させると思われます。

そしていよいよ、李牧の軍略と王翦の軍略が
ぶつかる本気の戦いが見れそうです。