kingdom_609

引用:原泰久 キングダム


609話『中華のうねり』内容


王賁おうほん尭雲ぎょううん


王賁と尭雲が対面する少し前、
番陽ばんよう関常かんじょう達が尭雲軍と戦っていたが、
尭雲軍の十槍じゅっそうに阻まれ、進攻出来ずにいた。
番陽と関常達が苦戦する中、王賁は敵の包囲を
抜け出し、尭雲と対峙たいじする事となった。
尭雲はゆっくりと近づき、その様子は
王賁を待っていたようだった。

飛信隊ひしんたい突撃


飛信隊の方は、尭雲ぎょううん軍の抵抗が激しいながらも
飛信隊が敵を押し込んでおり、
もうすぐで尭雲の本陣へ到達できるかどうか
というところまで来ていた。
そして、飛信隊は尭雲本陣近くに居る
玉鳳ぎょくほう隊を確認する。

死にかけ、まだ起き上がれないほどの
傷を負っている王賁おうほん
それでも乱戦らんせんを行っている王賁を感じ、
信は自分をふるい立たせ、
尭雲の本陣へ突撃を開始する。

尭雲ぎょううんの話


尭雲は、王賁おうほんに話があるから手を出すなと
隊に命令を出していた。

そして、尭雲は王賁に
中華ちゅうかについて考えた事があるか
と問いかける。

続けて尭雲は、藺相如りんしょうじょ三大天さんだいてん時代、
秦で言えば六将の時代は、武が
突出している者たちが乱出していたと話す。
その現象を藺相如は”中華のうねり”が
起きたと解釈していたという。

そして今、その時代を継ぐ
信や王賁、そして李牧りぼくの新しい時代が
やって来ている。
六将の時代と決定的に違う事は、
秦王”嬴政えいせい”の存在である。

秦王は武力による統一を
本気でやろうとしている。

尭雲は、中華が一つになるのか
そうではないのか、その答えを
出すときが来ており、
王賁にはその場所に立つ
決意はあるのかと問いた。

時間切れ


王賁おうほん尭雲ぎょううんの元へ飛信隊ひしんたい 信が近づいて来ていた。
信が近づいて来ていたため、尭雲は
王賁の答えを聞く前に、王賁を討とうとするが
王賁は、 「お前たちにとやかく言われる筋合すじあいはなく、
敵をつらぬき、前へ進むだけ」だと尭雲に答えた。
尭雲は左腕で矛を持ち、王賁へ狙いを定める。
そして、王賁は心臓しんぞうが止まりそうになりつつも、
槍を持ち、尭雲に立ち向かおうとしていた。


感想


王賁は尭雲にうまく誘い込まれたような気がする。
だけど、王賁も勝算なしには尭雲と対峙する事はないだろう。
心臓が止まりそうな状態でも、右腕を粉砕するような
槍を見せて欲しい。

しかし、尭雲の十槍というのは、本当に強いな。
武力が高い方の我呂も討たれそうになるし、
番陽や関常でも劣勢な状況。
秦軍側の疲労度が高いといっても、
十槍とは結構武力の差は大きいのかもしれないね。

そして、尭雲が話していた中華の話。
六将や三大天が暴れまわった黄金時代。
そして、今の時代も武力が突出している
者たちが出始めている。
二つの時代の違いは、秦王の存在だと言うけど、
藺相如は秦王のような人物を待っていたのかもしれない。
尭雲は、王賁や信に何を求めているのか
まだはっきりしないけど、秦王の
金剛の剣となる人物を探しているのかも。


609話予想


キングダム 610話予想考察『尭雲と因縁の対決!王賁の一撃が尭雲を貫くか!?』 ※8/4 7時~公開予定