kingdom_612_01

引用:原泰久 キングダム


目次
1   612話『答えを持つ者』内容
 1.1 畏れ
 1.2 二人の約束
 1.3 龐煖の求めるもの
 1.4 金毛軍 対 飛信隊

612話『答えを持つ者』内容

おそ


倉央そうおう軍の糸凌しりょうがカイネ隊を急襲きゅうしゅうし、
その勢いは李牧りぼく本陣へ届きそうであった。
カイネは兵を率いて、糸凌の元へ向かうが
糸凌隊の突撃の速さに間に合いそうになかった。

そんな時、突然三大天『龐煖ほうけん』が現れる。
ヴオ”オオオオオオオオオオ」と
雄叫おたけびを上げると、両軍の兵士はひるんで
動けなくなってしまった。
そして、龐煖は趙兵へ李牧はどこかと
聞くと、李牧の居る本陣へ去っていった。

二人の約束


龐煖ほうけん李牧りぼく本陣へ到着すると、
李牧も龐煖の元へやって来ていた。

李牧から見て、龐煖は随分ずいぶんと苦しそうに見えた。
龐煖は李牧から”答え”をもらいに来ていたのだった。


李牧と龐煖は約20年前に初めて会い、
そして約束を交わしていた。

李牧はその約束を果たす日が
今日であると話す。


龐煖ほうけんの求めるもの


趙軍、そして秦軍との戦いには
興味がないと話す龐煖。
だが、李牧はそれを否定する。
なぜなら、龐煖は戦場で王騎おうき
出会っていたからであった。


さらに、李牧は自身を
答えにみちびく者”だと話し、
そして、その答えを持っている者は
龐煖にも分かっているはずだ
と話した。

金毛きんもう軍 対 飛信隊ひしんたい


金毛軍と飛信隊の戦いでは、
意外にも金毛軍が飛信隊を突撃を防いでいた。
その理由は、李牧りぼくの直下兵が金毛軍へ
編入されていた事と、金毛軍の
飛信隊へ対する怒りは、金毛軍の士気を
大いに高めていた。


その様子を遠くから見ていた亜光軍の
段茶だんさ将軍と亜花錦あかきんは、戦力が足りていないと話す。
そして、段茶将軍は亜花錦に飛信隊の
救援に向かわせ、自身は馬南慈ばなんじ軍を止める
算段を立てた。


亜花錦は亜光軍を引き連れ、
飛信隊の元へ向かっていた。


感想


龐煖が中央へ現れる事は予想通りだったけど、
李牧と龐煖の関係って約20年前からあった事に驚いた。
何気に衝撃的事実な気がする。

20年前と言えば、摎が討たれ龐煖が王騎によって
斬られた時と同時期。

その頃より関係があったとなると、李牧の誘導によって
摎が討たれたのか、それとも王騎に斬られて
死にそうになっていたところを李牧が救ったのか
という事になってくる。

おそらく、後者だとは思うが、李牧がその頃から
龐煖に目を付け、何を思ったのか・・・。

結局のところ、李牧は龐煖の武力を
利用しているに過ぎないが、
龐煖もそれを分かって居ながらも、
李牧に付いていっている気がする。

龐煖がなぜに武を求めるのか、
羌瘣のような掟があったのか
今回の戦いで龐煖の過去が
語られるかもしれないため、
その辺りも気になるところ。


613話予想


キングダム 613話予想考察『李牧と龐煖の関係は20年前から?馬南慈と段茶将軍の戦いに異変が?』  ※9/3 22時30分~公開予定