kingdom_614

引用:原泰久 キングダム


目次
1   614話『挟撃戦』内容
 1.1 李牧の秘策
 1.2 傅抵の騎馬隊
 1.3 予想通り
 1.4 王翦本陣

614話『挟撃戦』内容

李牧りぼくの秘策


飛信隊ひしんたい亜花錦あかきん軍の部隊が李牧の左を攻撃し、
田里弥でんりみ倉央そうおう軍も中央から李牧の首を狙い
李牧中央軍への挟撃きょうげきが始まっていた。


李牧軍のカイネは秦軍中央と戦っていたが
秦軍の攻撃の勢いは凄まじく、
挟撃の対応に追われていた。

だが、本陣に居る李牧は焦ってはいない。
李牧は傅抵ふていにある指令を出していたのだった。

傅抵ふていの騎馬隊


傅抵は数百騎の部隊を連れて、
田里弥でんりみ倉央そうおう軍の間を抜けて行った。
田里弥と倉央は、傅抵の騎馬隊が背後から
我々を狙ってくる
と思っていた。

しかし、傅抵隊の動きは真っ直ぐ進んで行き
五千からなる王翦おうせん本陣へ向かって行った。

田里弥と倉央の二人とも、あの兵数では
王翦本陣は落とせないと考えていた。


予想通り


田里弥でんりみ倉央そうおう李牧りぼく本陣を
攻める力を弱める捨て身の戦術せんじゅつだと判断し、
傅抵ふていの隊の動きは無視して
二人の部隊は李牧本陣への攻撃を強めた。


傅抵は田里弥・倉央軍が傅抵隊を
追ってこない事を李牧様の予想通りだと話す。

一方、李牧本陣を攻めている飛信隊ひしんたい
李牧の居る中央へ近づくにつれ守りが
一層固くなっている事を感じていた。
河了貂は力でねじ伏せるよう
全軍に伝え、最後の一押し
をしようとしていた。

王翦おうせん本陣


王翦本陣では、傅抵ふてい隊の動きを
李牧りぼくにしては無意味むいみな事をしたと話していた。
だが、王翦だけは李牧は
無意味な事は決してしないと話す。


そして、王翦軍の右から突然軍が現れる。

その部隊は雁門がんもん鬼人きじん 馬南慈ばなんじであった。
李牧は王翦の挟撃きょうげきに挟撃で返したのである。


感想


馬南慈軍が王翦本陣の右から突然現れて
馬南慈軍だとおお!と
王翦兵が言っていますが、馬南慈軍が現れて
一番驚いたのは読者の方だと思う。

まず、段茶将軍は何をやっている?w

あんなに任せておけ的な事を言っておいて
簡単に馬南慈軍に抜かされてしまっているじゃないか・・・
段茶将軍はちょっとダメ将軍っぽさが
右翼の戦いの時からわかってはいたけど、
まさかここまでとは・・・
段茶将軍はもう討たれたのかもね。
頼む!早く亜光将軍復活してくれ!!

しかし、挟撃に挟撃で返した李牧だけど
傅抵軍数百騎に、馬南慈軍は最後半数まで
兵力を減らされてるからかなり兵力は
少なくなってるはずだし、今回来てるのは
数千騎くらいなんだろう。

だけど、それで王翦本陣が本当に落ちる?
堯雲と馬南慈軍が同時に突撃したら
王翦軍もヤバそうだけど、
今回の挟撃なら逆に李牧軍の方が
時間の問題じゃないだろうか?

未だに李牧が余裕で
趙軍は焦ってる感じなのが理解出来ない。
挟撃が秘策だとしたら、
王翦に李牧の防陣の秘密を理解され
逆にやり返された仕返しにしか見えない。

龐煖も急に消えてしまったし
色んな事一気に回収出来るんですかねぇ・・・


615話予想


後日更新予定