kingdom_642_01

出典:642話『第一等の特別功』 原泰久 キングダム

642話『第一等の特別功』内容

大移住計画だいいじゅうけいかく

ぎょう攻めという大戦略だいせんりゃく を成功させてから数か月。
秦国は新しく秦国の領地となった列尾れつび遼陽りょうよう、鄴をいち早く自分達の土地へと変えるべく、秦人を何万人も送りこんでいた。

その規模は山陽さんようを攻略した時の比ではなく、人の流れは途切れを見せなかった。秦人にとって列尾を超えた場所は未開の地であり、この動きは大移住計画と言えた。

秦国王都・咸陽かんようでは、河了貂かりょうてん蒙毅もうきが待ち合わせをしていた。二人は鄴攻めに出発して以来、久しぶりに会っていた。

 

ぎょう攻め その後

河了貂かりょうてん蒙毅もうきの話題は、朱海平原しゅかいへいげんの報告である。蒙恬もうてん胡漸こぜん副長が龐煖ほうけんに討たれた事や飛信隊ひしんたいにも大きな被害が出たという事、そして仮死かし状態になりながらも飛信隊 信が龐煖を討ったという事が話された。河了貂は大勢の仲間を失ったと話すが、立ち止まらず前に進まないとと話した。

そして、話題は列尾れつびの向こう側の話となる。
とう軍が列尾を攻めていた間、魏の呉鳳明ごほうめいが侵攻を始め、山陽さんよう近くで騰軍とにらみ合いの状態が続いている。そして、秦国が手に入れた列尾の先の土地では、派遣された李斯りしが指揮をとり、効果的な秦国化が進められていた。

ここで気になるのは、趙軍の動きであり、土地勘のある趙軍がいつ攻めてくるのか分からなかった。だが、李牧りぼく邯鄲かんたんの地下牢で捕らえられているため、王翦おうせん軍、桓騎かんき軍、楊端和ようたんわ軍の布陣により、最前線の守りは趙国の逆襲ぎゃくしゅう に対抗出来ていたのだった。

河了貂は李牧が欠けて、趙国内がゴタついている今こそ、趙への攻め刻だと話すが、蒙毅はすでに大戦略の思案に入っていると話し、河了貂を落ち着かせた。

 

論功行賞ろんこうこうしょう

咸陽かんようではずっと先送りになっていた『論功行賞』の式典が行われようとしていた。式典の参加者である信は控え室に案内され、ここで着替えるように伝えられる。控え室から外を眺めていた信の元へ政がやってくる。政は、

いよいよだな

と声をかけると、信の肩に手をかけると、政は周りの使いの者に急かされ、すぐに行ってしまった。それを見ていた、信は少しぼーっとして空を見上げる。

そして、論功行賞が始まる。
まずは第一功の特別大功として、王翦おうせん桓騎かんき楊端和ようたんわが選ばれ、桓騎と楊端和の代理として摩論まろんとバジオウが代わりに褒賞ほうしょうを受け取った。

次に呼ばれたのは、玉鳳隊王賁ぎょくほうたいおうほん楽華隊蒙恬がくかたいもうてん飛信隊李信ひしんたいりしんであった。

 

3人の功績

楽華隊蒙恬がくかたいもうてん の功績は、五千将ながら敗戦の危機を救い、趙将紀彗きすいと互角以上に戦いを繰り広げ、朱海平原の影の立役者たてやくしゃと認められた。

次に玉鳳隊王賁ぎょくほうたいおうほん、右翼の独立遊軍どくりつゆうぐんとして縦横無尽じゅうおうむじんに活躍、亜光あこう将軍が倒れてからはその筆頭ひっとうとなり、趙将最強との評される堯雲ぎょううんを討ち取りそれを評価された。

飛信隊李信ひしんたいりしん、趙将岳嬰がくえい趙峩龍ちょうがりゅうを討ち取り、さらには王騎おうき麃公ひょうこうきょうを討ち取った。以上の3名全て第一功の特別功とされ、そして3人は”将軍しょうぐん”へ任命すると話された。

 

感想

約1ヶ月ぶりのキングダム本編、ようやく見れた~!そして、新章開幕の第1話はみんなが待ちに待った論功行賞の回です。

論功行賞の前に他国の状況が説明されていたので、わかりやすかったけどもうあれから5ヶ月も経過しているのか・・・。騰軍が列尾に侵攻した時は、魏国の呉鳳明は何をやってるんだ?と思ったけど、その辺りも呉鳳明が動いて山陽まで侵攻しているという説明があったのでそこは良かった。

意外だったのは、李斯が前線に派遣されて色々と指揮をしているという事。咸陽から動かないもんだと思っていたけど、派遣されて意外と活躍してるみたい。やっぱり新しい土地と人というのは、問題が多く発生するだろうから、法の番人として李斯が適任だという判断なのかな。こういう働きが認められて、後に秦王の近くで活躍するのかもしれないしね。

あと、王翦、桓騎は最前線に居るのはわかるんだけど、楊端和軍もずっと趙国との最前線に居るのはなんで何だろう?時々、楊端和軍が動いて秦国に協力はしてたのはわかるけど、これだけ長期間戦って楊端和軍に何かメリットがあるのだろうか・・・?壁将軍にはその理由を話していたけど、楊端和が秦軍のいち将軍みたいな扱いになっていてまだ自分はモヤモヤするんだよね~。

趙国の方では、李牧がまだ生きているみたいだったけど、5ヶ月も地下牢に閉じ込められてるような状態だったら、もうかなり身体も弱ってそうだけど大丈夫なのかな?李牧は昔窮地に陥った時に、龐煖という新しい力を得たけど、今回の地下牢でもただ捕まっているだけではなく、余計な情報が入らなったお陰で、軍略に集中する事が出来て知略面がさらに強化するかもしれないね。

論功行賞の方では、ついに信、王賁、蒙恬が将軍になった。朱海平原の戦いでは、3人が居なければ全滅していたと考えれば当然の結果だろう。というか、3人より役に立たない将軍が多い中で、将軍になるのが遅かったくらいだ。将軍になるのは、予想通りだったので”信もようやくか”としみじみと感じるくらいだったけど、みんなが気になったのは論功行賞前の信と政のシーンじゃないかな。

政にいよいよ(将軍)だな。と言われている信は言われて実感を感じたのか、しばらく無表情で居るんだよね。このシーンって結構珍しく信が緊張しているような描写が見られた。いつも馬鹿騒ぎしちゃうような信でもやっぱり『将軍』ってのは特別な地位なんだなって感じた。漂と一緒に目指してたもんね。これでまた夢への大きな一歩踏み出したね。

643話予想

後日更新予定