kingdom_gm_m009

出典:原泰久 キングダム

644話『桃泉殿』内容

郭開かくかいゆが

李牧りぼくが捕まっている地下牢ちかろうへ、郭開がやって来ていた。郭開は李牧の処刑が明日実行される事を伝えると、

最後に何か言っておくことはありますか?

と問いかけた。
李牧は秦軍の動向を危惧しており、強引に攻めてくる秦軍に対して、番吾はんごの城で防衛戦略ぼうえいせんりゃくを展開する事を進言し、カイネたちには愚かな事をしないよう伝えた。

それを聞いた、郭開は外へ出るが、李牧の言葉を他の者へ伝えようとはしなかった。

 

趙太子の願い

趙王悼襄王とうじょうおうの元には、趙太子である嘉がやってきて、李牧りぼく の処刑を阻止するべく、趙王へ頼み込んでいた。だが、趙王は嘉の言葉を聞こうともせず、嘉を抱きしめると見せかけて、嘉の右耳を噛み切ってしまった。嘉の頼みも虚しく、趙王の考えは変わらなかったのであった。

ぎょうでは、王翦おうせんからの伝令が入り慌ただしくなっていた。信や蒙恬もうてん軍も鄴へ到着したばかりであったが、すぐに出発の形となった。出陣の理由は、李牧の処刑が明日執行されるという情報が入ったからである。つまり、秦軍は李牧の処刑に動じて、邯鄲かんたんを攻め落とそうとしているのである。

 

舜水樹しゅんすいじゅの策

邯鄲かんたん城内の片隅では、舜水樹たちが明日李牧りぼくの処刑が行われると知り慌てていた。処刑される広場では、趙兵が厳重に守りを固めているという話だった。そのため、舜水樹の兵士たちが守備兵を攻撃し、カイネたちが混乱に乗じて李牧を救出する作戦が提案された。だが、この作戦は舜水樹とカイネの隊どちらも決死の覚悟で遂行しなければなない難しい策であった。

 

桃泉殿とうせんでん

郭開かくかい李牧りぼく処刑の準備を進めていた頃、趙王は桃泉殿で少年たちと風呂に浸かっていた。そこで、壺に入っている液体を飲みながら過ごしていたが、それを飲んだ瞬間吐き出してしまった。その後も、飲んではすぐに吐き出してしまうため、趙王は一度風呂から上がろうとするが、足を滑らせて倒れてしまう。

趙王は心臓が苦しかった、ついには口から血を吐き、尻からも液体を噴き出してしまったが、周りの少年たちはそれを傍観ぼうかん し、にやっと笑った。そして、そのまま趙王は苦しみ息絶える事となった。

 

感想

趙王死亡!
なかなかムカつく趙王だったけど、死に方がヤバイね(笑)
ここまで汚らしく死ぬのはキングダムでは珍しい。
だけど、毒を盛ったのはいったい誰なのか?
近くに居た少年たちが怪しい感じだけど、表情が死んだような顔をしているし毒殺を考えられるほどの子供は居るのかな?
舜水樹たちが、一番有力ではあるけど、趙王を毒殺出来るなら、処刑の広場で救出なんて策は出てこないはずだし・・・。誰だか分らんね。

個人的に怪しいと感じているのは、郭開かな。
郭開は、他国のスパイか?ってくらい李牧の話を全く聞こうともしないし、秦軍の脅威に対抗しようともしない。
これはいったいなぜなのか?
秦軍の侵攻よりも、政権の掌握をする事が重要で、李牧一派の排除とついには趙王の命を狙って、
呂不韋のように実質的な王にでもなろうとしてるのかな?

真相は来週わかると思いますが、もしかしたらもっと意外な人物だったりするのかも。
戦争パートも良いけど、こういう政治パートも息抜きになって面白いので、来週もキングダムを楽しみにしています。

645話予想

後日更新予定