kingdom_604_01

出典:原泰久 キングダム

645話『趙王の命』内容

悼襄王とうじょうおうの急死

王翦おうせん軍は、趙将扈輒こちょうの防衛戦を抜くべく亜光あこう軍、玉鳳ぎょくほう軍、田里弥でんりみ軍、倉央そうおう軍、飛信隊ひしんたい楽華がくか軍を並べ、広範囲に軍を展開した。そして、王翦は各将を本陣へ呼び集める。王翦が邯鄲かんたん攻略の作戦を話そうとしたとき、本陣へ急報が入る。

その伝令の知らせは、趙の悼襄王が急死したという知らせであった。

邯鄲内部では、郭開かくかい一派と李牧一派の文官たちが悼襄王殺しの犯人探しをして争っていた。郭開は近衛兵このえへいを使い、李牧一派を捕らえようとするが、近衛兵は命令を聞かず、仕えるべき新しい王の到着を待っていた。

 

地下牢ちかろう賢者けんじゃ

新しい王とは、名君と言われている趙太子の事であった。
実権を手に入れた嘉はすぐに行動へ移し、その日のうちに地下牢へ封じられていた賢者達を解放していった。

その者達は、いずれも悼襄王の諫めた罪により投獄されていた者達であり、優秀な文官や有力者たちであった。そして、李牧りぼくも地下牢から解放される事となり、カイネは李牧と再会する事になった。

 

生まれ変わる趙国

は解放された李牧りぼくに、今の状況を説明し、今何をすべきか李牧へ問いかけた。そして李牧は、まずは王都軍を動かすべきだと答えた。

王翦おうせん軍本陣では、悼襄王とうじょうおうの急死に動揺が広がっていた。さらに、次期王は、名君という噂しか聞こえてこないという太子嘉である。そこへ、趙国に眠る賢人たちが表舞台に現れたとしたら、趙が生まれ変わる可能性があったのだ。

そして、邯鄲かんたんの方角より近づいてくる大軍があった。
その軍は王都軍である。そしてその軍を見た王翦は邯鄲攻略の作戦を練り直す事を決めるのだった。

 

遺言ゆいごん

政権を握った李牧りぼくと共に、王翦おうせん軍に対する軍略を展開していた。
そこへ、身を隠していた郭開かくかい悼襄王とうじょうおうの妻江姫こうひと一緒にやってきて、先王の遺言を伝える。

悼襄王は、次の王位を太子嘉ではなく末子のせんに継がせるものとした。

朝廷に衝撃が走り、嘉・李牧陣営は絶望感に包まれた。

 

感想

悼襄王が急死してからものすごい早い展開の話でした。
結局毒殺の犯人は分からなかったけど、郭開ではない事は分かったかな。だって、混乱に乗じて政権乗っ取ろうとしてたのに断られちゃうし、太子嘉に実権を握られた後は、逃げ回っちゃってたしね。
ただ、郭開の悪運は強いみたいで、江姫が登場してからはめちゃくちゃ強気になっててかなりイラっとさせられた(笑)
悼襄王も悼襄王でこんな無茶苦茶な遺言を残すとは、本当に将来の趙の事を考えていないのか、それとも誰かの策略により、この遺言を残されたのかもしれない。
となると、かなり江姫が怪しい感じだよね~人相的にも何か企んでるような顔をしているし。来週には答えが出るのかな。

朱海平原の戦いで趙の将軍たちが討たれて、もう趙軍に有力な武将は居ないように思われたけど、今回の話で趙の地下牢には優秀な文官や武官が眠っているという事も発覚し、これからの秦軍との戦いは苦戦する事になるな~と感じた。実は三大天級の武将がいっぱい居ましたとかあり得そうだな。

太子嘉が名君で人望もあるのはわかったけど、嘉じゃなくて遷に継がせる事となって、李牧はこのまま黙ってそれを受けるのか。次の話でも衝撃的展開が待っているような気がしますね。

646話予想

後日更新予定