kingdom_550_01

出典:原泰久 キングダム

646話『雁門以来』内容

王都からの脱出

亡くなった悼襄王とうじょうおうの後継者がせんに決まった後、李牧りぼく一派は一旦身を潜めるため朝廷ちょうていから離れていた。文官の一人は遺言書ゆいごんしょが本物かどうか裁判さいばんにかけるべきだと話すが、李牧はそれどころではないと言う。李牧一派の元へ郭開かくかいの放った暗殺者あんさつしゃが、李牧一派に襲いかかってきたのであった。李牧はカイネに太子を守るよう指示を出すと、城外で待機している傅抵ふていの元へ向かった。

 

骨肉の争い

王位を継いだのが、太子ではなく末子のせん太子が継いだという事実は、秦軍にも伝わる。趙国の王位争いに巻き込まれている李牧りぼくに対し、同情する状況だと蒙恬もうてんは話した。趙国内では王位争いに巻き込まれて、多数の有力者が殺されてしまっていた。郭開かくかいの指示の元、太子嘉と李牧に従う者たちは、皆殺しにされてしまったのだった。

 

趙国が終わる

太子李牧りぼくは城外で脱出していたが、二人を討つために王都から軍が動いていた。馬南慈ばなんじ軍の救援により、撤退する事に成功するが、李牧はカイネと並び戦う状況をがんもん以来だ、と話した。

李牧の知人が治める小さな城主へ太子嘉を任せる。太子嘉は、尽くしてくれた賢臣や地下で待っていた国士達を失った事に、この国はもう終わりだと李牧へ話し、王族のおろかさをうれい李牧に泣きながら謝った。

 

見えない希望

太子と別れ天幕で李牧りぼくとカイネは状況について話していた。カイネの報告に李牧の答えは何か浮わついていて、早々に報告を終えると、李牧はさすがに疲れましたと意気消沈いきしょうちんした様子だった。李牧の背中はどこか小さく感じられ、それを見ていたカイネは泣き出してしまった。

そのまま、天幕を出ようとしたカイネに李牧はもう少しそこへ居てくれないかと問いかけ、カイネは李牧に寄り添い、ずっとこれからも側に居る事を誓った。

 

感想

李牧もさすがに疲れたか・・・。太子嘉になり趙が変わると思われた矢先にこれだもんな、もう嘉が王位を取るのは無理だという事みたいだし、地下で嘉の王位を待っていた有力者や国士はすべて死亡らしいし、たしかにもう希望はなさそうだ。

カイネがなんで趙同士で争っているんだと怒っていたけど、元々舜水樹とカイネが趙国内で暴れてたから、こんな事になったんじゃないのかね?特に舜水樹は結構強引なやり方で李牧を助けようと、趙の人間を殺していたし、その反逆で今追われているようにしか見えない。

しかも、郭開の徹底的な太子嘉・李牧一派の排除は徹底していてむしろ郭開ってかなり優秀な人物なんじゃないかと思えてきちゃった。郭開さん、秦軍が近くに布陣しながらの状況なのに、迅速に国内の争いを収束させていて、本当にお疲れ様でした。

このあと、秦軍は邯鄲攻めを狙っているようだけど、李牧不在の中でも防ぎきってたら、李牧は本当に必要なのか?という風になっちゃわないかな?李牧側がようやく報われて光が見えてきた状況から、一変して絶望的な状況で可哀想にも見えるんだけど、李牧は政治の準備がまったく足りてなかったね。

おそら戦争に関しては李牧に敵う者は少ないだろうが、李牧は政治面が本当にダメ。だけど、これである意味趙は政治の問題は解決されたようなもんなのか?李牧軍の方は、動きが鈍いと思うし、これから秦軍がどう行動を移すのか気になるところですね。

647話予想

後日更新予定