bo2_ms_top

出典:PS4「ガンダムバトルオペレーション2」

バトオペ2について語ろう!#16

ZZガンダム登場

2020年7月22日(火)ついにガンダムバトルオペレーション2の2周年イベントが開催されました。
目玉機体はバトオペの生放送でもお知らせされた通り、『ZZガンダム』でした。主役機なのでどうしても欲しい機体なんですが、ガチャは無料分10連とピックアップを20連分しか引けません。さて、果たして結果は?

残念ながら、ZZガンダムをゲットする事は出来ませんでしたが、ゲルググJも中々・・・。個人的には旋回性能の高い支援機は好きだったりするし、初のコスト650なのでこれで良しとしましょう。ゲルググJのLv5は今回のアップデートで追加された機体なので、すぐ入手出来たのは運が良かったと思うしね。

 

ゲルググJ Lv5

レベルに関係なく、ゲルググJと言えば支援機ながら高機動・高耐久で汎用に追随しながら、高いDPSを出せるという事。旋回や機動力がある事は支援機として優秀な部分で自衛もしやすいと言えます。しかし、汎用機のような支援機という機体だからか、メイン兵装のビーム・マシンガンは横に動かすと結構ばらけけるので当てにくいうえ、支援機として重要な遠距離からのよろけは収束しないと出来ないため、DPSを出すためには味方の援護が必要な機体とも言えます。

コスト650というハイレベルな戦闘についていけるような機体なのか?という疑問がありますが、今のZZガンダムの多い650環境では使える機体なんじゃないかと思ってます。ZZガンダムは図体が大きくてビーム・マシンガンが当てやすいし、味方にもZZガンダムが居て強襲機の接近を許さず、生存率も高くなっています。それと、レベル5になると強化リストのレベルが上がるため、複合拡張パーツスロットもLv2になり、カスタムパーツも+2されて、さらにカスタマイズの幅が広がります。

だけど、総評としてはやはり何か強力な武装がもう一つ欲しいなぁと感じる機体なので、「シュツルム・ディアス[NZ仕様]Lv2」や「ガンダム試作2号機[MLRS]Lv2」を持ってるなら、無理にコスト650に合わせなくても良いような気もします。