kingdom_597_01

出典:原泰久 キングダム

651話『援軍来たる』内容

猛将満羽まんう

什虎城じゅうこじょう 満羽軍三万と蒙武もうぶ軍三万が衝突する。
城主の満羽は蒙武並みかそれ以上に身体が大きく強かった。満羽は蒙武軍相手に自らが総大将そうだいしょうだと名乗り、注目を集めて狙われるが満羽は片手で蒙武軍を薙ぎ払っていった。遅れて到着した満羽の近衛兵このえへいに一人で出ていかれては困ると言われると、満羽は「蒙武が疲れる前に戦いたい」と余裕を見せていた。

 

敵軍の余裕

満羽まんうが現れた辺りが劣勢になり始めると、蒙武もうぶはすぐさま百騎を引き連れて満羽のところへ向かっていった。遠くで見ていた蒙毅もうきは父が動いたため、それほどの敵が現れたのかと感じていたが、それ以上に左右の什虎じゅうこ軍が蒙武挟撃きょうげきのために動かないのを不思議に感じていた。

左翼の千斗雲せんとうんは満羽が先に戦っていたため、自分も早く戦いたいと、うずうずしていた。そして、軍師寿胡王じゅこおうの指示を待つ前に出陣してしまう。

 

とう軍の到着

千斗雲せんとうんが出陣した頃、右翼の玄右げんう軍後方から秦の援軍で騰と録嗚未ろくおみの二万が現れる。 騰は什虎じゅうこ軍と蒙武軍の戦いを見つめ、録嗚未に戦況を説明し始める。什虎城は、満羽まんう千斗雲せんとうん玄右げんう寿胡王じゅこおう根城ねじろとしており、この4人は元々は楚に吸収された国々の大将軍達だという。ただ、楚の大戦に出てこない理由は4人が楚に忠義ちゅうぎがないからであり、什虎城を守らせる事が楚にとっても都合が良いという事だった。

蒙武もうぶ軍に対しても拮抗するほどの力を持った什虎軍八万に対し、録嗚未は楽しくなってきたと話し、騰は全軍前進の号令をかけた。

 

兵力差

蒙毅もうきのいる本陣では、とう軍の到着を確認し、騰軍一万が敵左翼、録嗚未ろくおみ軍一万が敵右翼へ向かっていく様子を見ていた。秦の援軍が来た秦軍だったが騰軍・録嗚未軍共に倍以上の兵力と戦わなければならず、兵力は足りないと予想された。

蒙毅は城攻めをするためには、魏軍がここへ到着しなければ什虎じゅうこ城は取れないと危惧していた。そして、そんな状況の中、最悪の援軍到着する。将軍になった項翼こうよく軍一万五千、白麗はくれい一万五千の合計三万が楚の援軍として到着してしまったのだった。

 

感想

いつも思うけど、なんでこんな兵力で城攻めをしようと思うんだ?
敵の油断を誘いたいのかもしれないけど、互角か秦軍が兵力を上回るような戦いも見てみたいんだけど・・・。今の兵力を整理すると、蒙武軍3万、騰軍2万で合計5万。対する什虎軍は8万で、さらに援軍で3万の合計11万。
ひえ~なんじゃこりゃ~倍以上の兵力差とか圧倒的に不利ですぐに殲滅されてしまうんじゃないか?(笑)魏軍がどのくらいの兵力で来るのか分からないけど、結構魏軍頼みが強いような・・・。
しかし、今回の話で満羽達がただの将軍ではなく、滅んだ国の大将軍だという事がわかったし、魏の呉慶もそういう感じだったから、こいつら4人も相当やるんだろうな・・・。大将軍級の武将4人を屈服させた楚もすごいけど、後にこの4人に勝ったのは項燕大将軍だとかそういう伏線もあったりすると面白い。あとは、騰が口調や雰囲気がかなり王騎っぽくなってきたような気がするし、録嗚未との掛け合いも良い感じ。またまた、厳しい戦いになりそうだけど、騰も居るしなんか大丈夫なんじゃないかってちょっと思えるよ。

652話予想

後日更新予定