kingdom_652_01

出典:原泰久 キングダム

652話『主からの言葉』内容

弓矢隊

月知げち平原に到着した項翼こうよく白麗はくれい 三万は臨武君りんぶくんの仇であるとうの首を狙うため、まずは録嗚未ろくおみ軍に攻撃を仕掛ける。白麗率いる遠弓隊は録嗚未軍目掛けて弓を放つ。録嗚未は弓矢は届かぬと予想していたが、予想に反して弓矢が伸びて、録嗚未軍に雨のように弓矢が降り注いだ。

続いて項翼が突撃を開始したのを見ると、録嗚未軍は一時後退を始めた。

 

退却の鐘

秦本陣では蒙毅もうきが全軍退却の指示を出していた。元々の兵力差に加えて、援軍三万が現れた事により、もはやこの戦場は戦にすらなっておらず、早急に退却して軍の立て直しが必要であった。

とうは退却の鐘を聞いていたが、録嗚未ろくおみ軍の退却を助けるため、動き出そうとしっていたが、楚軍の玄右が急に動き出して騰軍も動けなくなってしまった。蒙武もうぶ軍も未だに満羽まんう軍と交戦中であり、その場から抜け出せずにいた。

 

新たな大軍の到着

寿胡王じゅこおうは楚軍優勢の状況を見て、また十分の一の力しか出さずに勝つ事を残念がっていた。4人が居る限りここは落ちぬと話していると、大きな音を立てて月知げち平原の戦場に到着する軍があった。

その軍とは、数万の大軍を引き連れて現れた魏の呉鳳明ごほうめいである。魏軍の到着に安堵あんどする秦軍と魏軍もまとめて戦えると喜ぶ什虎城じゅうこじょう の将軍達。だが、喜びも束の間、魏からの同盟の正式な回答はなく、本当に秦の味方をしてくれるのか蒙毅達にはまだ分からなかった。

そして、本陣に急報が入る。魏軍からの使者がやってきたのである。

 

主の言葉

魏軍からの使者は、呉鳳明ごほうめい側近の荀詠じゅんえい だった。使者から伝えられる呉鳳明の言葉は、

秦軍・魏軍で共闘し、楚軍を打ち倒す

というものだった。さらに同盟期限は三年。呉鳳明は秦軍を援護するため、魏軍を出陣させた。

 

感想

呉鳳明めっちゃカッコ良いな!そして、側近の荀詠もめちゃイケメン・・・。荀詠は同じ魏の荀早とは何か関係があるんだろうか?顔は全然違うけど(笑)
呉鳳明は合従軍の時が初めて登場でその時はまだまだ成長途中っていう感じで、他の大将軍から見ても見劣る感じはしたけど、今はさすが魏軍の第一将という感じの人物になってる。霊凰の駒たちも吸収し、自身も李牧以上の知略になっているとしたら、これは中々面白い事になってきたよ。
朱海平原の戦いでは、李牧と王翦の知略にちょっと消化不良な感じになっちゃったから、今回の戦いでは知略で圧倒する呉鳳明の姿も見てみたいね。呉鳳明も昔は流動を高台からしか操れなかったけど、今回はちゃんと騎馬に乗ってるし、李牧のように馬上から指揮出来るようになってんだろうな。

653話予想

後日更新予定