kingdom_659

出典:原泰久 キングダム

659話『次会う日まで』内容

勝鬨かちどき

とう軍が楚本陣を急襲きゅうしゅうして本陣を陥落かんらくさせた後、秦軍は自軍の旗を本陣に掲げた。それと同時に、秦軍・魏軍は勝鬨を上げ、この戦いでの勝利を宣言した。秦軍の攻撃力を認め、魏軍が助攻に回った事で、楚軍本陣は陥落し、秦・魏同盟軍は鮮やかな勝利を収めた。

ただ、騰や呉鳳鳴ごほうめいは警戒を解いていなかった。それは、什虎軍にはまだ満羽まんう千斗雲せんとうん玄右げんうの三将が残っていたからである。

 

全軍撤退

玄右げんう軍では、敵との兵力差もなくこれから寿胡王じゅこおうとむらい合戦を始めようと声が上がっていたが、玄右はすぐさま撤退を決めて城への後退を始めた。千斗雲せんとうん軍も玄右軍の撤退を見ると後退を始めた。

そして、満羽まんう軍の方では、満羽と蒙武もうぶの戦いが続いており、落馬させられた満羽は乗馬すると蒙武に強烈な一撃を与えると、「次に会う日まで、背負っているものを失くしていない事を願う」と蒙武に伝え、軍を後退させていった。

 

什虎じゅうこ城陥落

野戦での秦・魏同盟軍の勝利が確定すると、蒙毅もうきはすぐに次の什虎城攻略へ意識を向けていた。そこへ、魏軍本陣より急報が入る。それは魏軍別働隊による什虎城陥落の知らせであった。

つまり、野戦を行っている間に不落の什虎城まで魏軍は攻略を終えていたのであった。完勝に喜ぶ、魏本陣だったが呉鳳鳴ごほうめいは楚軍の動きから目を離さずにいた。

 

人質

楚軍の撤退が終わった後、録嗚未ろくおみが本陣へ戻るとそこには什虎じゅうこ軍の寿胡王じゅこおうが捕虜となっていた。

寿胡王は皆に、特に蒙武もうぶへ什虎の秘密を伝えようとしていた。

 

感想

什虎城攻略戦は長引くと思ったけど、意外と終わりはあっさりだったね。最後に寿胡王が什虎の秘密をご丁寧に話してくれるみたいなので、寿胡王の役割はこれで終わりかな?まさか、解放はしないだろうし。満羽と蒙武の因縁は作ったし、千斗雲も一応録嗚未との関わりを作った感じかな。項翼や白麗が将軍として出てきただけで、全然微妙な感じになっちゃったな。什虎城も落とされちゃったし、この2人たっぷりと媧燐に絞られるんじゃないか?しかし、媧燐はいつも予想が外れちゃって笑う。遠距離戦は苦手な感じなんだろうな~。とりあえず、什虎城も落とされた状態になって楚軍は撤退するだろうし、什虎の秘密を聞いてこの戦いはお終いという感じでしょう。これが終わったらまた趙攻略戦に戻る感じかねぇ

660話予想

後日更新予定