kingdom_533_01

533話『失われた士気』 内容


混乱する麻鉱軍


麻鉱軍を復活させようと動く信達と蒙恬達だったが

次々と将校達が討ち取られていく中、残った麻鉱軍の将達は

半ば諦めかけていた。

飛信隊軍師 河了貂も麻鉱軍を復活するのは難しいと考える中

蒙恬にはある考えがあった。


麻鉱軍の力


蒙恬は遊軍として、麻鉱軍を見ていて

この軍は練兵に練兵を重ねた強い兵達である事を感じていた。

その上で、麻鉱軍の復活は可能だと考えた。

そして、蒙恬の策で 麻鉱軍に対し、

麻鉱は生きているという事を強調させ士気の回復を図った。


半信半疑


蒙恬は、信や陸仙の武を頼り、

敵軍左右の最も弱いと思われる弱点部分を狙うよう指示をした。

そして、信達の活躍や麻鉱が生きている事を聞いた

麻鉱兵の活躍により、敵軍の勢いを止め

徐々に勢いを盛り返して行くのだった。

だが、蒙恬はまだ麻鉱軍は半信半疑で戦っていると話す。


奮起の言葉


蒙恬は麻鉱軍の指揮官へ

「練兵に明け暮れた日々の中で麻鉱があんたらに一番多くかけた言葉はなんだ?」と問う。

そして、将軍は涙ながらに伝え、それは即座に麻鉱軍へ伝わった。

立って 戦え!!

麻鉱将軍の言葉を聞いた麻鉱軍は大いに奮起する・・・。


感想


李牧にあっさりとやられてしまった麻鉱でしたが、

部下からかなり信頼されていたのだとわかります。

王翦将軍の最大の攻撃力と評されていますから

その兵も本来かなり強いのは予想できました。

最後麻鉱が生きている事を感じた麻鉱軍が

ものすごい勢いで敵兵を薙ぎ払っていましたが、

これで五分まで盛り返せるでしょうか?

だけど、麻鉱が死亡しているのは”真実”なので

いつまでも士気は持たない気がするな~・・・。


534話予想


一旦は盛り返した麻鉱軍ですが、

麻鉱がやられた事実は、広がり再び守りの戦となった。

しかし、今度は飛信隊や楽華隊が左右に拠点を作る事に成功。

そして、左軍の流れを再び戻すため、蒙恬は馬呈の相手をして


信は再び紀彗将軍を討つべく突撃をかけるのだった。