kingdom_537_01


537話『大将軍の景色』 内容


撤退の玉鳳隊


王賁から呼ばれ、傷だらけの番陽副長がやってくる。

王賁は相変わらず戦いもせず、ずっと立ち尽くしていた。

蒙恬から言われた『大将軍の景色』というものを思い出していたのである。

そして、王賁は騎馬隊を連れてついに動き始めた。

趙峩龍(ちょうがりゅう)陣営-

趙峩龍(ちょうがりゅう)が玉鳳隊の動きに気が付く。

玉鳳隊は右奥へ脱出を始めていた。

だが、それは趙峩龍(ちょうがりゅう)にとって想定していた戦術であった。

そして、新手の長槍騎馬兵を差し向け、撤退する玉鳳隊へ迫っていた。


孤立無援


あの撤退する軍の中に王賁が居るのか

疑問に持った趙峩龍(ちょうがりゅう)は兵に状況を確認させようとする。

すると、左方向より進軍している軍を確認。

なんとその軍は王賁が率いる玉鳳隊であった。

さらに、王賁達は岳嬰(がくえい)軍と趙峩龍(ちょうがりゅう)軍の境目を抜いて 左方向へ抜けようとしていた。

それを見た、趙峩龍(ちょうがりゅう)は王賁達は包囲を抜けた後、旋回して亜光軍へ逃げ込むつもりだと読んだ。

王賁達の騎馬隊は速く、趙峩龍(ちょうがりゅう)の騎馬隊では追いつけなかったが

問題はなく旋回したところで、横から攻撃出来ると話した。

しかし・・・、王賁の騎馬隊は旋回せずそのまま直進していった。

趙峩龍(ちょうがりゅう)は驚いたが、そのまま進んでも趙軍の陣営内で孤立状態となりいずれやられてしまうと考えた。

そして、王賁達の騎馬隊は当然趙軍の兵士達から攻撃される事となった。


横陣の弱点


弓兵からの攻撃を避けたり、騎馬隊の突撃が来たり逃げ場がないと嘆く玉鳳隊の兵士・・・。

だが、王賁は「逃げ場など必要ない 俺達は”攻めに”行っているのだ」と話す。

そして皆が動揺する中、続けて王賁は「”横陣の弱点”」へ向かっていると話した。

横陣には弱点があり、横陣の端から攻めると挟撃となり敵軍へ大打撃を与えられるのだ。

王賁達は横陣の後ろへ展開する予備群を懸命にかわし全力で進んでいった。

そして、王賁達はついに馬南慈(ばなんじ)軍横陣の”左端”まで到達してしまった。


自分勝手な景色


驚く馬南慈(ばなんじ)、亜光であったが

即座にその動きに対応し、亜光は左側から攻め始める。

亜光は対馬南慈(ばなんじ)軍の戦略が全て吹き飛んだとしながらも

この働きによって、二日目で馬南慈(ばなんじ)軍を復活出来ぬ程叩けるかもしれないと話した。

王賁は再び蒙恬の言葉を思い出す。

六将とか大将軍というのは、どんな戦局、どんな戦況であっても常に

主人公である自分が絶対に戦の中心にいて全部をぶん回すという

自分勝手な景色を見ていたんだと思う。と言う。

そして、その景色が見えた王賁は「フッ」と笑った。


感想


趙軍の将軍達だけでなく、亜光すらも驚かせた王賁。

『大将軍の景色』って何だろうなって思ったけど、

己が主人公だと思って、自分勝手に戦場を描いた景色という事でした。

この言葉を見たとき、妙にしっくりと来て、確かに大将軍のような

上に立つ人間っていうのは自分勝手に戦場を暴れ回り、

勝利へと導いていくもんだと思いました。

昔、信の初陣の時だって麃公将軍が

秦軍を勝利へ導くために、自分で戦場を描いていましたもんね。

周りからは頭のおかしな将軍と言われていましたが、

あれも『大将軍の景色』というやつで、将軍にはいろんな景色が見えていたのでしょうね。

さて、話は戻りますが、今回のお話で今度は馬南慈がピンチに陥ってしまいました。

まさか馬南慈を討ってしまうような展開にはならないとは思いますが、

二日目に討ち取られるのは、一体誰になるんでしょうか。

また、ひょこっと李牧が現れそうな気もしないですが・・・。

ここからの馬南慈の軍略に期待ですね!


538話予想


キングダム 538話予想考察『玉鳳隊対趙峩龍(ちょうがりゅう)』その戦いの行方はどうなる?