kingdom_538_02


キングダム 537話で王賁の率いる騎馬隊が趙峩龍(ちょうがりゅう)軍と岳嬰(がくえい)軍の間を抜け馬南慈(ばなんじ)軍、横陣の弱点へと到達しました。
この行動には馬南慈(ばなんじ)や趙峩龍(ちょうがりゅう)、そして味方である亜光(あこう)ですら驚かされました。
さらに、この行動により玉鳳隊のピンチから馬南慈(ばなんじ)軍ピンチへと変えましたが、馬南慈(ばなんじ)軍はこのまま亜光(あこう)軍と王賁軍に挟撃され崩壊していくのか、それとも趙軍にはまださらなる策があるのか考えてみたいと思います。


挟撃された馬南慈(ばなんじ)軍その後の行動は?

再び王賁対馬南慈(ばなんじ)が戦う


横陣の弱点が端とはいえ、挟撃の形にしている王賁隊を叩いてしまえばその挟撃もなくなります。

王賁隊も数百の騎馬隊で編成されているだけなので、亜光軍を対処するよりも王賁隊を攻撃する可能性がありますね。

つまり、初日のように王賁対馬南慈(ばなんじ)が戦うのではないでしょうか。

初日の戦いでは、王賁が優勢のような戦いぶりでしたが、

馬南慈(ばなんじ)も槍に慣れれば戦えるような事を言っていたので一騎打ちが始まっても勝敗はわかりません。

趙峩龍(ちょうがりゅう)の動きは・・・?

玉鳳隊を殲滅する


王賁達は数百の騎馬隊を連れて趙峩龍(ちょうがりゅう)軍と岳嬰(がくえい)軍の包囲を抜けました。

しかし、元の位置に残った番陽副長を含めた玉鳳隊はどうなるのでしょうか。

玉鳳隊は挟撃から逃げるように移動していますが、背を討つ時というのは一番打撃を与えられてしまう時です。

趙峩龍(ちょうがりゅう)は王賁の戦術眼に驚愕していましたが、

残った玉鳳隊を二度と立ち上がれぬほど殲滅させるかもしれません。

すると玉鳳隊の行動は封じられ、二日目以降も問題なく戦えるかもしれません。


趙峩龍(ちょうがりゅう)が亜光軍を攻める


横陣の弱点は端だという話でした。

番陽副長率いる玉鳳隊は、岳嬰(がくえい)軍に任せ、趙峩龍(ちょうがりゅう)は亜光軍の右端から攻めて行くのではないでしょうか。

馬南慈(ばなんじ)軍がその動きに応える必要はありますが、ただ挟撃されるよりもお互いに挟撃して乱戦に持ち込んでくる気がします。

ただし、乱戦となるとお互いの軍の被害も相当なものになると思いますので、ここでまた李牧が動いてくるかもしれませんね。

さらに、初日には麻鉱を討たれていますので、王翦も何か仕掛けて来そうな気がします。


まとめ


・初日王賁に押されていた馬南慈(ばなんじ)だが、次に王賁と戦う場合にはわからない。
・趙峩龍(ちょうがりゅう)軍の動きによって2日目の戦いの結末が変わる。
・李牧や王翦の動きにも注目。