kingdom_541_01


キングダム 540話で、李牧の話から尭雲(ぎょううん)が旧三大天 藺相如(りんしょうじょ)の武を担っていた存在である事が判明しました。単純に武に優れた将軍なら沢山居そうですが、三大天の武を担っていたとなると話は変わります。ここでは武そのものであると評された尭雲の強さを考察したいと思います。


尭雲(ぎょううん)の強さはどのくらい?

尭雲(ぎょううん)の人物像


尭雲(ぎょううん)の強さを予想してみる前に、尭雲の人物について少しお話したいと思います。

尭雲という人物は、旧三大天である藺相如(りんしょうじょ)の側近であった事がわかっています。

これは、趙左翼に出陣している趙峩龍(ちょうがりゅう)も同じです。

史実の通りであれば、既に藺相如は病死していると思いますので、尭雲は忠誠を誓った人物を亡くしているというわけです。

藺相如が亡くなってからは、外の戦争には出陣せずに王都圏を守り続けてきた事が馬南慈の言葉からわかります。

中央にいる尭雲殿と二人して長年 王都圏の秩序を守られてきた陰の英傑だ

引用:キングダム 第523話 秦軍右翼の刻 馬南慈のセリフより

前線に出るような戦は最近行っていないという事でしょうね。ただし、将としてかなり優秀な人物である事は間違いなさそうです。

そして李牧の言葉により藺相如の武そのものであるという評価をされています。

趙峩龍は巧みな戦術を使う将軍のような印象を外見や行動からも感じますが、尭雲は秦でいう王賁のような正統派の武人なのでしょう。


三大天の武を担う実力とは?


朱海平原の戦い二日目で、大打撃を受けてしまった趙左翼。

秦軍の勢いはかなりのものと予想出来ますが、それすらも打ち破る事が出来ると語っていた李牧。

尭雲の武人としての実力は相当な力を持っているのだと思います。

そして、その力を推し量るために参考になりそうな会話を馬南慈がしています。

(趙峩龍は)同時期の元三大天廉頗側近 四天王 介子坊・輪虎の類の男だということだ

引用:キングダム 第523話 秦軍右翼の刻 馬南慈のセリフより

山陽の戦いでは廉頗四天王に大苦戦させられた秦軍。

もし、尭雲の実力が介子坊のような破壊力や輪虎のような武力・突破力も持つとしたらそれは恐ろしい事です。

ちなみに、キングダム公式ガイドブックの英傑列伝によると、介子坊の武力は91で輪虎は93となっています。

藺相如の武を担っていたという事を考えると、尭雲の武力93以上はありそうですよね。


尭雲(ぎょううん)の動きは

尭雲(ぎょううん)の狙い


趙左翼へ援軍としてやってきた尭雲ですが、これからどういった行動に出るのでしょうか。

おそらくは前日に鋭い戦術眼を見せつけて、趙軍へ大打撃を与えた王賁へ攻撃を仕掛けると予想します。

そしてその武を示すとすれば、やはり一騎打ちしかないでしょうね。

そして、王賁の武力も93の数値となっていますので、かなり良い勝負となりそうです。


まとめ


・尭雲(ぎょううん)は主君が亡くなってからは表立った活躍はしてないようだが、優秀な人物なのは間違いない。
・武力を数値に表すとすれば、おそらく93以上と思われる。
・藺相如の武を担っていた実力を示すために、一騎打ちを行い秦軍を圧倒する。