kingdom_532_01




542話『楔』内容


危うい存在


朱海平原の戦い秦軍右翼 三日目 

尭雲(ぎょううん)、趙峩龍(ちょうがりゅう)、岳嬰(がくえい)の三軍は、亜光軍へ襲い掛かる。

それを見た王賁は、援護へ向かおうとするが、前方に居る馬南慈軍が動いてくる。

そのころ、王翦の陣営では遠くより右翼の戦況を見つめ、趙軍の古参の猛者の前では”危うい”と感じ伝者を呼ぶ事を決めた。


燃え上る闘志


再び右翼では亜光軍が三軍と戦っているが、昨日よりも敵が勢いが強いと感じる。

趙峩龍、さらに尭雲の軍の力が凄まじく亜光軍が押されてしまっている。

藺相如(りんしょうじょ)が最後に残した言葉、そしてこれまで生き残ってきた意味を知り燃え上っているのだ。

趙軍の勢いに亜光軍は一度退き、立て直しをしなければならない状況となっていた。

だが、尭雲軍の勢いは凄まじく亜光軍は動けずにいた。


尭雲の罠


王賁はやはり亜光軍を助けに行くと決め、玉鳳隊を関常に任せ、少数で尭雲軍へ突撃していく。

そして、尭雲が王賁の騎馬隊を確認し、兵士へ”練っていた策”を指示する。

騎馬隊で突撃した王賁達だったが、敵兵の守りの隊列を見てこれは罠であると悟る。

すぐに旋回し全兵を離脱させようとするが、尭雲軍の精鋭部隊が左右からやって挟撃されてしまう

必死に撤退しようとする玉鳳隊、さらに副長の番陽が敵兵に狙われ落馬してしまう。


犠牲となる


王賁を守るよう叫ぶ番陽だったが、王賁はすぐに番陽を救いに戻ろうとする。

しかし、敵兵の壁に遮られ辿り着けない。

番陽が死ねば王賁は逃げられる・・・これで良いのだと番陽悟り、は敵兵の槍に刺されてしまう。

番陽は死を覚悟するが、その時飛信隊の信、羌瘣がやってきて番陽の周りの兵士達を倒す。

信達は王賁の助けにやってきたのだ。そして王賁はその行為に苛立ちを隠せずにいた。


感想


尭雲軍の強さは、王賁が倒した魏火龍の紫伯を超える軍かもしれないとの事でした。

さらに、今回の話で尭雲は武だけの将軍ではない事もわかっています。

大将軍の武を担っていてさらに軍略にも通じるとなると、王騎軍でいうところの謄のような将軍でしょうか。

趙峩龍と比較しても、尭雲は数々の戦を経験した歴戦の猛者であり、さらに大将軍を補佐したという自負があるでしょう。

こうなると大将軍が持つような、双肩に宿る大きな力を持っていてもおかしくありません。

さらに今の状況から考えると、信と羌瘣、王賁との共闘で尭雲との戦いに挑む可能性もありますが、

ここは、信と羌瘣が尭雲の相手をするような形となりそうです。

馬南慈軍の動きもありますし、王賁隊は一度戻った方が良いですからね。

あと気になるのは、信は「王騎将軍の矛」を使いこなせるようになったのかという事。

矛使用の初陣では、”振り遅れ”が心配されていましたよね。

蒙恬との戦いの時には、そういった様子は描かれていませんでしたが、尭雲軍とまともに戦えるのか少し心配ではあります。



543話予想


キングダム 543話予想考察『劣勢の秦右翼!飛信隊の作戦とは?』