kingdom_543_01


キングダム 542話では、尭雲(ぎょううん)軍に苦戦している王賁達の元に、飛信隊の信と羌瘣が援軍としてやってきました。このまま王賁達と共闘して尭雲と戦う事になるのでしょうか。

援軍にやってきた飛信隊

飛信隊が右翼へやってきた理由


最高のタイミングでやってきた飛信隊の信と羌瘣。

542話王翦ののシーンで、「危ういな・・・」と話した後、伝者を呼ぶように言っています。

おそらくここで飛信隊は、右翼へ行って王賁の援軍へ行くように言われたのだと思いますが、

それほどに尭雲と趙峩龍の両名が強力し合い、そしてその力を存分に発揮し始めた事に危機を憶えたのでしょうね。

あと、今回の話では2人しか出ていなかったけど包囲を突破できるのが2人だけであって、 他の騎馬隊などは一緒に来ているでしょう。


援軍に苛立つ王賁


飛信隊の援軍がやってきた時、王賁は「ギリッ」と苛立ちを見せていました。

番陽を自分が助けられなかったからなのか、ライバルでもある信の援護を受けたからなのか・・・。

王翦が飛信隊を援軍に向かわせた事も苛立つ理由にあるかもしれません。


飛信隊の作戦は?

尭雲を狙う


王翦が飛信隊へ出した指示とは、尭雲の首を取る事でしょう。

飛信隊が尭雲軍を狙う事で、亜光軍の態勢も整えられるでしょうし、信と羌瘣であれば尭雲の武に対抗出来そうです。

尭雲を討ち取る事は難しいとは思いますが、それが可能であれば左翼で李牧にしてやられた事をやり返す事が出来るのではないでしょうか。

王賁は玉鳳隊正面の馬南慈軍に対応する必要があると思うので、戻って再び馬南慈との直接対決もあり得そうです。


共闘する可能性もある


王賁と信が近くで共闘するような姿は、山陽の戦い以来だと思います。

だからこそ、2人が共闘するような展開になればそれは熱い演出ですよね。

馬南慈軍と対峙している玉鳳隊が問題ないのであれば、尭雲対王賁と信の戦いも見てみたい所ですね。


まとめ


・飛信隊は王翦の指示で右翼へやってきた。
・尭雲は信と羌瘣の共闘で戦うか、信と王賁という普段見ないコンビでの戦いが見れるかもしれない。
・飛信隊の援軍により尭雲軍は一時止まり、亜光軍が再び態勢を取り戻す。