kingdom_540_02


553話『ルーディン』内容


壁の覚悟


三軍の一角を任せて欲しいと楊端和へ頼み込む壁将軍。

その壁の覚悟は伝わり、メラ族の部隊と壁軍を入れ替える事となった。

そして、楊端和はもう失敗は許されないと言われるが

その表情は壁を頼りにしている様子だった。

出陣


翌朝。

壁将軍の五千に加えて、メラ族五千も壁軍に加わる事となった。

集まった山の民は、「ヘキショウグン」と掛け声かけて呼びかけていた。

驚く壁将軍だったが、メラ族のカタリは、皆アナタ方の事が好きなのだと話した。

壁はカタリに、山の民の言葉で「出陣」はなんと言う?と問いかける。

その言葉とは、”ルーディン

全軍に対し、”ルーディン”と号令をかける壁。

山の民は大いに士気が高揚するのだった。

開戦前


秦軍が陣形を組み始めたころ、

犬戎軍もぞろぞろと軍を進軍させてきた。

これから、9日目の戦が始まるという頃、

楊端和の元には、エンポじぃがやって来て

楊端和が何か頼み事をしていた。

挽回の機会


壁軍には次兄ブネンが、

末弟トアクには、フィゴ王がそれぞれ対峙する。

だが、敵軍は昨日の兵数の倍以上を動員してきており

明らかに敵は、兵糧の切れかかった秦軍を潰しにかかってきていた。

趙軍の舜水樹(しゅんすいじゅ)は、相手の策を見事読んでいたのである。


感想


壁将軍がついに挽回の機会を得て、

さらに武の要である、メラ族を軍に組み込んだ事により

もしかしたら、犬戎軍の1将を討ち取る事も出来るかもしれないね。

敵軍は、全軍とも言える兵力を動員してきたわけですが

楊端和も秦国六将に匹敵するくらいの実力を持っていると思うので

舜水樹が読む事くらい、さらに読んでいそうな気はします。

開戦前にエンポじぃに何か頼み事をしているのが気になりますね。

もしかして、兵力の少なくなった城を直接落としに行くんじゃないでしょうな。



554話予想


後日更新予定