kingdom_556_01


556話『王翦の守り』内容


憤怒の戦士


前方に布陣した飛信隊を見る趙将 岳嬰(がくえい)

岳嬰は慶舎を討った飛信隊 信に対し復讐心を持ち、戦う事を待ち望んでいた。

秦軍からは最弱と評価されている岳嬰軍だったが

決して弱いわけではなく、普通であれば主攻を担うほどの実力であった。

飛信隊に向けての敵意は相当なものになるとわかっていた信だったが

慶舎と同じく討ち取ってやると話した。

王賁の戦術


飛信隊は王賁の玉鳳隊と協力して岳嬰を討ち取る作戦であった。

王賁は信に近づいてくると、岳嬰を討ち取るため

まず飛信隊が囮となり進軍して、後方から玉鳳隊が横から入り

岳嬰を討ち取る戦略が有効
だと話した。

難しい戦術は出来ない飛信隊にとって、この作戦には河了貂も賛成であった。

そして、この戦の行方を左右する大事な局面、

信は明るく能天気とも思える様子を見せていた。

その様子に番陽は怒っていたが、王賁は蒙恬が言っていた

大将軍ってのは自分勝手な景色を見ている

という事を思い出し、信はそうではないと笑っていた。

亜光の守備


朱海平原の戦い 9日目が開戦すると

三軍を迎え撃つつもりであった亜光軍に対して、

馬南慈(ばなんじ)、尭雲(ぎょううん)、趙峩龍(ちょうがりゅう)が襲い掛かった。

しかし、攻めが強いと思われていた亜光軍だったが

防戦の構えとなると一変し、三軍同時攻撃でさえ

防衛網を突破させないほどの守りを見せた。


亜光は長年王翦の第一将を務めていて、

その実力は王翦の戦術をいくつか使えるほどであった。

王賁は遠目からその防陣を見て、まさに『王翦の守り』そのものだと話した。

王翦の弱点


亜光は王翦の配下でなければ、大軍の総大将になれるほどの実力だと李牧は話す。

だが、もし亜光が討たれる事があれば王翦軍にとって致命的な結果になる。

李牧より秘策を受け取った馬南慈は、亜光軍の守備を崩すため本隊を動き出した。

さらに、岳嬰対飛信隊の方も激しい動きを見せていた。

岳嬰は飛信隊の信を討つべく、猛攻を見せていた。


感想


私自身も亜光軍は忠誠心とその突撃の力で王翦からの信頼を得ていると思っていましたが、

実は、攻防共に大将軍級の実力者だという事でした。

これはさすが王翦軍の第一将という事でしょうか。

長年第一将というという事ですから、蒙驁(もうごう)の副将だった時から

王翦軍として戦っていたという事ですかね。

王翦よりは劣るものの、それに近い実力を持つ亜光という事なので

三軍同時攻撃でもそう簡単に討たれないんじゃないかなぁ

もしあるとしたら、王翦が狙われるような事が発生した時に

王賁達よりも王翦を守るのかもしれない。

それが、亜光の弱点?でもそれはちょっと単純すぎるかな。

飛信隊の方は、因縁もある岳嬰軍との戦い

だけど、やっぱり岳嬰は実力がこの戦場内では劣るような気がするから

サクッと倒してほしいところですね。



557話予想


後日更新予定